手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

【和醸良酒】日本酒のことなら何を言ってもよい日本酒プレゼン大会を開催したい!

2017-01-13 00:17:35 コメント

出張の旅。日本酒の旅。第二弾(盛岡編)

チーム和醸良酒メンバーの丹田です。出張の旅。日本酒の旅。第二弾は、日本酒の肴にうってつけの北陸の幸が集まる盛岡。ここ最近仕事でよく訪れる街です。 盛岡を訪れた時にはよく行くお店が2店ほどあります。どちらも地酒も食事も美味しく、店員とのおしゃべりも楽しい、お気に入りの場所です。そんなお店を今回はご紹介します。

最初のお店は南部藩長屋酒場

このお店は盛岡一の繁華街である大通り商店街にあります。ここは岩手の郷土料理や三陸の魚介類、そして岩手の全22蔵の地酒が楽しめます。 どれもぜひ飲んでみたいお酒ばかりで悩みました。さんざん悩んだすえに、お隣が飲んでいたのがあまりにもインパクトがあったので、ついつい頼んでしまったのが、「あさ開 氷竹酒」です。竹筒入りのお酒を氷がいっぱい詰まった大きな木箱にいれて提供してくれます。竹筒に入っているからなのか味は非常にまろやかで飲みやすいです。
さらにカッパ君ともお酒を楽しめます。

もう一軒は、クロステラス盛岡の2階にある「源喜屋」

このお店は、白金豚(はっきんとん)の生産農場直営店だそうです。こちらでも様々な地酒が楽しめます。南部美人など数種類のお酒を楽しんできました。さらにこのお店の名物は、お酒を注いでくれる時の口上です。
こんな風に注いでくれると口上どおり、さらにお酒が美味しくなります。 ちなみに日本酒の注ぎ方にも色々とあるそうです。今回のように升の中にグラスを置いて、一升瓶からグラスに溢れるまでなみなみとついでくれるスタイルを「もっきり」と言うそうです。 つぐお店の人が「たくさん飲んで欲しい」というサービス精神の表れから始まったようです。上手い方は升や皿に本当にギリギリまでついでくれます。感心しながら、ありがたく飲ませていただきました。 次回の出張でも皆さんに有益な情報を提供できるようにできるようにします。

2016-12-31 16:50:45 コメント

日本酒談義をしてきました

日本酒を語る仲間を増やしたい。今日は、先日の日本酒イベントでお会いした桑木さんと岩波さんとの日本酒談義についてです。場所は日本酒についてお詳しい、桑木さんに紹介いただいた渋谷の隠れ家的なお店、ガシラ。日本酒について、どんなお話が聞けるのか楽しみです。
「ガシラ」は、渋谷駅近くの喧騒を離れて、静かな雰囲気の中にあるお店です。日本酒が少しだけブームになってきて、新しい日本酒のお店もちらほら見かけるのようになりました。でも、いいお店というのを見分けるのは難しいもの。こうやって紹介いただくのは、とても嬉しい経験です。
いただいた日本酒は [純米吟醸 真澄] 宮坂醸造(長野) [純米 開運:ぬる燗]土井酒造(静岡) [菊姫 にごり]菊姫合資会社(石川) [純米吟醸 黒龍]黒龍酒造(福井)

飲み方にもちょっとこだわりたい

セレクト・順番・飲み方もこだわりが、途中にぬる燗を挟むのは、冷酒の連続だとつい早いペースで飲みすぎるのを防ぐためだとか・・・・、確かにちょっとぬるめの日本酒はアルコールの香りも強く、ペースがスローになりますね。日本酒をたくさん楽しみたい人の知恵でしょう。
日本酒は冷酒で飲むのが美味しいと思うほうですが、本来の味を楽しみたいなら、ぬる燗、または常温でとう話も。常温で保存しているお店は回転がいいとう自信の現れらしいです。
ノドグロの塩焼きです。美味しかった。

日本酒プレゼン大会についても聞いてみました

さて、今回のイベントについても聞いてみました。日本酒を囲んで語れる場というものには、とても良さそうというコメントもいただきました。ただし、あまり堅苦しくない、誰もが入れる場にすることがやっぱり必要みたいですね。 日本酒を酌み交わしながら、日本酒についてお話を伺うとても楽しい時間でした。このような時間を醸すことでまた新たな価値を造りたい、プロジェクトの検討はまだ続きます。

2016-12-25 23:39:40 コメント

クリスマスも日本酒です!

皆さん、こんばんわ。チーム和醸良酒の菅原瑞穂と申します。「みずだんご」というペンネーム(?)で、コピーライター/広報としてきびだんごが発信するさまざまなコンテンツを書いたりもしています。 先日の活動報告で後藤さんが、ご自身が日本酒を好きになったきっかけは、東日本大震災のあとで関わった気仙沼の復興支援プロジェクトだったと書いてらっしゃいました。
私が日本酒好きになったきっかけも後藤さんのエピソードとすごく似ています。震災後にはじめてボランティアに行った先が気仙沼市で、そこで「男山本店」という酒蔵にお伺いして菅原社長のお話を聞く機会があり、その時に購入した「蒼天伝」が、私が生まれてはじめて購入した日本酒だったのです。
今では、飲みに行っても「とりあえずビール」ではなく、「いきなり日本酒」が定番なくらい日本酒が大好きなわたし。そのきっかけになった「蒼天伝」は忘れられない銘柄なんです。 ところで、今日はクリスマス。クリスマスと言えばシャンパンやワインのイメージですが、私はやっぱり日本酒を飲んでおります!
「クリス枡(ます)」…ってダジャレか!って感じですが可愛いですよ。
「クリス枡(ます)」もいいですが、クリスマスや年末年始に日本酒を飲まれる場合は、ワイングラスで飲むのもオススメです!日本酒をワイングラスでって、ちょっと邪道に思えるかもしれませんが、冷やして美味しいお酒がぬるくならずに楽しめたり、香りが感じやすくなったり、コップやお猪口で飲むのとは違う味わい方が出来るので、今度試してみてください・ 「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」という賞もあるんですよ。私の思い出の銘柄、男山の蒼天伝も、2016年の大吟醸部門で最高金賞を受賞しています。
また時間を見つけて、日本酒好きに楽しんでもらえる活動報告を書こうと思います。 では皆さま、素敵なクリスマスを!

2016-12-20 17:54:49 コメント

気仙沼の日本酒と街バルの紹介

はじめまして。チーム和醸良酒メンバーの後藤です。遅ればせながらアラフィフでようやく日本酒の美味しさを実感しています。日本酒、美味いなあと思ったきっかけは、宮城県気仙沼市にある仮設商店街の復興支援プロジェクトへの参加でした。 本日は日本酒プレゼン大会のデモとして、気仙沼のお酒のお話を紹介させて下さい。
宮城県北東部にある気仙沼市は太平洋沿岸に位置し、岩手県にも隣接しています。水産業が有名で、生鮮カツオ、めかじき、さめなど日本一の漁獲量を誇る気仙沼港があります。目黒のサンマ祭りに届けられるさんまでも有名です。その気仙沼市には2つの酒蔵があります。男山本店と角星です。いずれも創業100年を超える蔵です。男山本店の代表的なお酒は「蒼天伝」。HPでは、「蒼天(そうてん)のような爽やかで澄んだ味わいを特長」と書かれていますが、ほんとにすっきりした美味しいお酒です。
角星の代表的なお酒は「水鳥記」です。「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015」で最高金賞を受賞するなど甘い香りが特長のお酒です。私は気仙沼には2ケ月に1回の割合で訪問するのですが、そのたびに、どちらか銘柄のお酒とかつおのお刺身などを楽しませていただいています。
もう1つ、日本酒につながる街バルの話です。街バルはご存知でしょうか?街バルとは、商店街などで行われる飲み歩き食べ歩きのイベントのことです。3枚つづり(場所によって5枚)のチケットを買って参加店を回ります。お店ではチケット1枚でワンドリンク・ワンフードが出てきます。そんな街バルが気仙沼の仮設商店街で行われています。私は復興支援プロジェクトとして、その街バルの企画・運営に参加しています。気仙沼の街バルでは、5つの仮設商店街70店舗を巡って、飲み歩き食べ歩きができます。
その中では、「フカヒレ・メカ・中落ちセット」+地酒のような街バル用のメニューが提供されます。年に1回の日本酒とフードが楽しめるお得なイベントなのですが、ぜひ機会がありましたらチェックしてみて下さい。
街バルについては、気仙沼だけでなく、大手町で獺祭を飲み歩くバルなど、色々な街バルが開催されています。
本プロジェクトの日本酒プレゼンテーションのデモとして、気仙沼と街バルの紹介をさせていただきました。プレゼン大会、ご愛顧いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

2016-12-13 18:00:11 コメント

出張の旅。日本酒の旅。第一弾(金沢編)

はじめまして。チーム和醸良酒メンバーの丹田です。仕事がら出張が多いのですが、今まで宿泊先と仕事場の想い出しかありませんでした。このプロジェクトへ参加したのをきっかけに、これからは各地の日本酒と酒のつまみを楽しんでいきたいとおもいます。 そして皆さんにも各地の旨い酒と旨い肴、そして酒に関するうんちくを一つ紹介できればと思います。 まず第一弾は、北陸新幹線で盛り上がっている金沢。自分もはじめて訪れる場所です。 お腹を空かして21時過ぎに金沢駅に到着。すぐにお店散策を始めましたが、旨い酒が飲めるようなお店がなかなか見当たりません。駅前は綺麗に整備されているのですが、ビジネスホテルばかりで飲食店街が見当たらないのです。 東口を少し歩いて、やっと見つけて入ったお店が炉端「銀炉」です。
飲んだお酒は純米大吟醸「白山」。創業300年を迎える老舗である小堀酒造のお酒です。能登の現役杜氏のトップが造る日本酒だけあって味は非常にまろやかで飲みやすいです。
さらに酒の肴は能登牛の串焼き。ついつい杯がすすみます。
ちなみに杜氏とは酒蔵で酒造りを行う最高責任者(長)です。杜氏のもとで酒造りに関わる職人を蔵人といいます。 杜氏の中でも能登は、南部(岩手県)、越後(新潟県)、但馬(兵庫県)と並び、日本四大杜氏に数えられる職人集団が集まる場所のようです。能登杜氏を2年間密着したドキュメンタリー映画『一献の系譜』も有名です。 そして出張2日目の帰路も、新幹線時間待ちを利用して寿司を食いながら一杯頂きました。どれにしようか迷ったすえに3種類の日本酒を頼める「お楽しみ地酒セット」を注文しました。 やはり能登で有名な菊姫などを堪能しました。味はフルーティーな味わいで、何杯でも飲めそうです。終電を気にしつつ、北陸の寿司と日本酒を堪能しました。 次回は岩手県盛岡へ出張です。皆さんに有益な情報を提供できるようにできるようにします。 本プロジェクトが目指す日本酒プレゼンテーションでは、このような日本酒の体験をシェアできる場を実現したいと考えています。これからもよろしくお付き合いください!

プロジェクトの種

Project Seed !

まだプロジェクトの詳細が固まっていない企画中の「種」をご紹介。「フォロワーになる」を押して最新情報を受け取りましょう!

コメント欄から、プロジェクトへの応援メッセージやご意見などをお寄せ下さい。

プロフィール

  • 林 省吾


  • 人の創造性や組織の一体感を高めるワークショップに可能性を感じ、様々な場面でのワークショップの活用を実践しています。企業人、社会人、中小企業診断士、それぞれの立場で、ワークショップの活用を模索し、新たな学びと発見を生み出す場をつくることに日々努力しています。シリアス・ファン これからの楽しく学ぶ、大人の学びを実現することも目標です。
  • 林 省吾さんへ意見や質問を送る

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?