手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

フォトウォークのための機能性カメラバッグ『comora』

『comora/コモラ』

プロジェクトの「種」

このページでは、まだプロジェクトの詳細が固まっていない
企画中の「種」プロジェクトを紹介しています。

『COMORA/コモラ』は、大阪を拠点に活躍するバッグブランド「ichimaruni/イチマルニ」と総合化学メーカー「株式会社クラレ」がコラボレートするマテリアルラボラトリー活動『Round Out/ラウンドアウト』により展開される、全く新しいジャンルのカメラバッグです。 “クラリーノ”素材が持つ堅牢な耐久性と優しい手触り、そして“フォトウォーク”のことを考えて追加された様々なデザインアイデアが詰まった新発想のカメラバッグシステム。 現在プロジェクト準備中。フォローしてお待ちください。

Round Out

プロジェクトオーナーに質問したい!プロジェクトにコメントしたい!という方は
左のボタンからコメントを、プロジェクトの進捗が知りたい!という方は
右のボタンからプロジェクトのフォローをお願いします!

〈COMORA/コモラ〉のコンセプト

フォトウォーク(街歩きスナップ)を追求したバッグシステム

いつもの街歩きを目一杯楽しみたい。気になるものに出会ったら、すぐにシャッターを押したい。
かといって一日中ずっとカメラを首からぶら下げるのも、違う気がしている… バッグに入れるにしても、自分の服装に合うシンプルなカメラバッグが無い… 誰もが思っていながら解決できなかった、この問題に一つの解答を見いだした新しいバッグシステム〈COMORA/コモラ〉が誕生しました。

カメラバッグ、らしくないデザイン

〈COMORA/コモラ〉はシンプルコーデに相性が良いやわらかなデザイン。〈ichimaruni/イチマルニ〉が大切にしている"持つひとにどこまでも寄り添う"形です。

主張しない「強さ」

いわゆる「カメラマンのバッグ」のような主張の強いバッグが多い中〈comora/コモラ〉は全体の重みを感じさせない、どこかぬくもりのある佇まいを追求しました。3種類の落ち着いたカラーはコーディネートの差し色としても活躍してくれます。
〈ichimaruni/イチマルニ〉が得意とする"存在感の無いデザイン"と"安心感のある堅牢性能"という特徴を持つクラレの機能性素材〈クラリーノ〉。この二つの出会いによってカメラバッグの新たなジャンルを創り出すことができました。 街歩きのコーディネートに合わせやすく、ざっくりと使えて、きちんとカメラを保護してくれる。だれもがあきらめていたこの矛盾するテーマをひとつのコンセプトに凝縮しています。

撮りたいものを、いつも、自然に撮りたい

一般的なカメラバッグは収納に特化しすぎる傾向があり、その代償としてカメラを素早く取り出せないこともありました。
〈COMORA/コモラ〉は開閉が瞬時に可能な"開けやすさ"を追求したフラップを採用しました。"撮りたいときにすぐ撮れる"フォトウォークを重視した設計になっています。
マグネットボタン式でワンタッチ開閉ができるフラップ

着替えるように、毎日使える

2Way(バックパック⇔ショルダーバッグ)で利用できるため、その日の気分やコーディネート、使うシチュエーションで使い分けることができます。

新発想。移動する中空ポケット

軽量かつ中身を保護するために考えられた新発想の"移動するポケット(円筒状のミニバッグ)"が2つ付属しています。 レンズはもちろん、ペットボトルやちょっとした小物の収納にも便利な新発想の収納システムです。
"移動するポケット"は、取り出しにはもちろん、収納のしやすさにも活躍。ホック付きベルトにより、カバン内部に着脱可能。カバンの中を思い通りに整理することが出来ます。 Tallサイズにはコンデジを、Wideサイズにはレンズを収納しておけば、もうシャッターチャンスを逃すことは無くなるはずです。
Tall、Wideふたつのミニバッグは、ミラーレス一眼の標準的な"交換レンズ"や"カメラボディ"を収納するのに最適なサイズ。そして〈クラリーノ〉の強く柔らかい生地を両面に使用しているのでデリケートなカメラやレンズ本体をやさしく包み込みます。
標準的なレンズに最適なサイズ
移動するポケットはアレンジ自由!
ミニバッグをバッグ内側のベルトに固定すると、底から「浮いた」状態になり、地面にカバンを置いたときなどに中身の衝撃を受けにくくなります。 また、ミニバッグはカメラを取り出しやすい位置に固定できるので、取り出したい物を一番上にもってくることができます。 最適なレンズとカメラの居場所を設定して、あなただけのカバンを作って下さい。
ミニバッグを上部ベルトに固定するとカバンの底から「浮いた」状態になります。
移動するポケット(ミニバッグ)はカバンの外にも移動が可能。ペットボトルなどを入れてベルトに着用するなどより便利な使い方ができます。
〈ichimaruni/イチマルニ〉のデザインは、縫製もシンプル。余計な金具を使わず、緩衝材も最小限にとどめているので、カバンは小さく畳むことが出来ます。
カラーは3種類。黒系統が主流のカメラバッグ市場に一石を投じるような、優しい配色の カラシ/ブルー/グレーを展開。
存在感を消しながら、機能の魅力と素材の頼もしさを内に秘めたこの特別なカメラバッグに、ぜひご注目ください。

シンプルなリュックスタイル〈COMORA/コモラ〉

本来のリュックのイメージ通りの、シンプルなかたち。
急に荷物が増えたときや、自転車に乗るときなどシーンに応じてリュック、ショルダーとポジションも自由自在です。
リュック時には、金具位置を肩幅に合わせて調整することで、使う人に合ったポジションを決めることができます。
左:ハンドルを絞った状態 右:肩幅に合わせた状態
ショルダー時のストラップの長さ調整も簡単。使う人にジャストなカバン位置を設定可能です。
移動するポケット(ミニバッグ)の代わりに、市販のチョークバックやダンプポーチも取り付けることが出来ます。
本体背面のファスナーポケットは、メインの収納エリアから独立しており、財布やスマートフォンを入れるのに最適。使い勝手が良い仕様になっています。
収納エリアは見た目以上に大容量。2つの内ポケットも便利で、移動するポケット(ミニバッグ)も合わせて使えば、カバンの中をわかりやすく整理することが出来ます。街歩きはこのカバン1つあればOKです。

毎日使える、軽いかばん

毎日使うものだから、気軽に使える軽量化にこだわりました。本体の重量は約495g。たくさん荷物を入れても肩に負担がかかりにくいです。

しなやかで、軽い機能性素材〈クラリーノ〉

〈クラリーノ〉は〈株式会社クラレ〉の開発した機能性マイクロファイバーレザーです。
なめらかな肌触り、優美な外観・軽くて丈夫・雨や汚れに強い という特長を持ち、人工皮革のパイオニアとして広く長く愛されてきました。私たちにもっとも馴染みの深い製品はランドセルかもしれません。
マイクロファイバーレザーの軽さや手入れの容易さ、強さは、もしかするとあなた自身が小学生の6年間で体感したのではないでしょうか。あくなき素材の研究は半世紀を経過し、今や「ランドセル」素材の代名詞のようになった〈クラリーノ〉。「ランドセル」は親から子へ、孫への大切な贈り物として、時代を越えて健やかな発育を願う日本独自の文化を創り出すまでに高く評価をされています。
また環境問題を取り巻く懸念が高まる中、〈クラレ〉はマイクロファイバーレザーの製造行程にも革新的な新しいプロセスを導入しました。 2010年には「環境にやさしい、有機溶剤を使用しない、Clarino™人工皮革商品化」の産業賞も受賞しています。
その〈クラリーノ〉の素材の魅力を最大限に発揮したカメラバッグが〈COMORA/コモラ〉です。 〈COMORA/コモラ〉に触れた人は、この素材の質感に魅了されるはずです。帆布やナイロン素材には無い、しっとり吸い付くような手触りは心地よく、まるでスムースなバッグスキンに触れているような感覚になります。それでいて動物の革のような特有のにおいはありません。
耐久性に優れ、軽量な〈クラリーノ〉のカバンは、カメラバッグだけでなく毎日使うカバンとしても活躍してくれることでしょう。

革新的な素材〈クラリーノ〉

〈クラレ〉は1964年にマイクロファイバーレザーを最初に商品化しました。この素材は、複合極細繊維の不織布、および高性能ポリマーに関する最初の研究を経て開発されました。これらの発見により、最終的に天然皮革の複雑な構造の複製が成功し、〈クラリーノ〉は天然皮革特有の特質を発揮した革新的な素材として半世紀経った今も進化を続けています。

不織布ベースの〈クラリーノ〉が実現する特長

〈クラリーノ〉はマイクロファイバーを3次元的に絡合させた不織布にポリウレタン樹脂を含浸したベースを用いています。それは密度の高い天然皮革の構造と非常に似ており、以下のような特徴を兼ね備えています。
さらに本革には無い、加工性の良さ、軽量化、抗菌性能などの機能を追加することなども可能になりました。 このことにより、多様なバリエーションをもつ素材へと進化し、現在では洋服や手袋、ボールや産業資材など多くのシーンで活用がされています。

〈ichimaruni/イチマルニ〉について

〈COMORA/コモラ〉は、大阪を拠点に活躍するバッグブランド〈ichimaruni/イチマルニ〉と、〈株式会社クラレ〉によるマテリアルラボラトリー活動・〈ROUND OUT/ラウンドアウト〉の出会いにより誕生したカメラバッグです。
"目立たないシンプルな形""持っていることを忘れるような軽さ"を実現し、存在感を無くすことで逆に存在感を表す… 〈ichimaruni/イチマルニ〉はそんなプロダクト作りを目指しています。
〈COMORA/コモラ〉シリーズは〈ichimaruni/イチマルニ〉がこれまで大切にしてきたアイデンティティを色濃く反映させています。
無駄にギミックを追加するのではなく、すべてのパーツが自然で無理のないように組み合わせられています。 その絶妙な"ざっくりとした丁度良さ”が一番の特徴となっています。
佇まいはシンプルながら、一つの商品で何通りもの使い方ができたり、使い勝手が良いことも〈COMORA/コモラ〉の魅力のひとつです。
カバンの完成した姿は"ショーケースに置かれた状態"ではなく"身につけた状態"であると〈ichimaruni/イチマルニ〉は考えています。それゆえ、使われていないときの〈COMORA/コモラ〉は使われているとき以上に、その気配を消します。
おりたたんでサブバックとして持ち運びも可能な〈COMORA/コモラ〉
〈ichimaruni/イチマルニ〉のロゴには"つくる人、つかう人が、カバンを通して出会ってほしい"という意味が込められています。
人と人がカバンを通して繋がり、出会う。そんな意味が込められています。
それは、カバンというモノを通して感性の部分でわかりあえる人々に出会って来た〈ichimaruni/イチマルニ〉創業者の切実なる願いでもあります。

『ROUND OUT(ラウンドアウト)』について

『Round Out/ラウンドアウト』は、素材メーカーとデザイナーがコラボレーションをしながら新しいプロダクトを生み出していく、実験的なマテリアルラボラトリー活動です。約半世紀の長きにわたり鍛えられた『クラリーノ』の持つ素材の可能性を最大限に引き出すプロダクトを提案しています。
Kibidangoで開催された〈クラリーノ〉製iPhoneケース「折り鶴/ ORIZURU」 は『Round Out/ラウンドアウト』の前身チームによるプロジェクトでした。
200人を超える方々からご支援をいただいたこのプロジェクトは、わたしたちが次への一歩を踏み出すための、貴重な試みとなりました。 〈ichimaruni/イチマルニ〉というものづくりのメーカーと手を組む今回のプロジェクトで、『Round Out/ラウンドアウト』は本格始動することとなります。 クラリーノを素材に採用したプロダクトは、あなたの生活を豊かにしてくれると、わたしたちは信じています。 より沢山のクリエイターとコラボレーションし、より沢山のプロダクトを生み出し、より沢山の方にクラリーノ製品を使っていただくために。 プロジェクトへのご支援、宜しくお願いします。

スペック

Q.本体背面のポケットはメインの収納エリアに繋がっていますか? A.独立しています。 メインの収納エリアと背面ポケットは独立していますので、お財布・スマホは背面ポケットをご利用いただくと便利です。 Q.付属の円筒ポケットにペットボトルは入りますか? A.入ります。 カメラのレンズはもちろん、ペットボトルにもご利用いただけるサイズとなっています。

■特定商取引法に基づく表記

事業者
きびだんご株式会社
運営責任者
松崎 良太
住所
東京都新宿区上落合3-8-25 FLAMP1304
連絡先
0369086546
E mail
info@kibidango.com
ホームページ
https://kibidango.com/
特典(商品・サービス)の価格
送料・税を含みます。詳細は特典ごとの記載の通り。
申し込み期限
プロジェクトページ上部に目標金額と併記記載の通り。
支払方法・支払時期
①クレジットカード決済(JCB)・楽天ペイ
・当プロジェクトにて提供する特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で与信が行われますが、プロジェクトの募集期限までに目標金額に満たない場合にはプロジェクトは不成立となり、お客様へのご請求は発生致しません。募集期限までに目標金額に達し、取引成立となった場合にのみ、募集期限の 到来をもって決済が行われます。
・クレジットカード決済及び楽天ペイ及びYahoo!ウォレット及びLINE Payの場合、各クレジットカード会社等の定める日に引き落としが行われます。
・デビットカードやプリペイド式クレジットカードのご利用はお勧めしておりません。デビットカードを利用された場合は、特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で引き落としが行われますので、ご注意ください。プロジェクトが不成立となった場合には後日、提携金融機関を通じて返金が行われます。また、プリペイド式クレジットカードについては、与信と支払の実行について、通常のクレジットカードとは異なるタイミングで行われることがありますので、各カード会社のガイドラインにてご確認ください。
引渡時期
募集期限までに目標金額が集まった場合に当プロジェクトは成立し、プロジェクトオーナーは集まった資金を元手に特典(商品・サービス)を支援者に提供する義務を負います。特典(商品・サービス)の引渡時期は、特典(商品・サービス)欄の記載の通りです。
返品・キャンセルについて
お申込みをキャンセルする場合には、申込期限の2営業日前の日の午後6時までに、その旨をきびだんご事務局( info@kibidango.com )までメールでご連絡ください。ただし、キャンセルのお申し出があった時点において、当該商品またはサービスにつき目標数量以上のお申込みの意思表示がされており、かつ、当該キャンセルを認めると目標数量を下回ることとなる場合はキャンセルすることはできません。(詳細はユーザー規約をご覧ください。)

コメント

プロジェクトの種

Project Seed !

まだプロジェクトの詳細が固まっていない企画中の「種」をご紹介。「フォローする」を押して最新情報を受け取りましょう!

コメント欄から、プロジェクトへの応援メッセージやご意見などをお寄せ下さい。

プロフィール

  • Round Out


  • 『ラウンドアウト』は、素材メーカーとデザイナーがコラボレーションをしながら新しいプロダクトを生み出していく、実験的なマテリアルラボラトリー活動です。長年のうちに鍛えられた『クラリーノ』の持つ素材の可能性を最大限に引き出すプロダクトを提案していきます。 このプロジェクトは、株式会社クラレとKibidangoが協業し、人工皮革「クラリーノ」の可能性をさらに探求することを目的としているものです。
  • Round Outさんへ意見や質問を送る

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?