手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

代表、松崎が語るきびだんご

松崎 良太

Ryota Matsuzaki


慶應義塾大学経済学部卒業。コーネル大学経営学修士(MBA)

株式会社日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)で投資銀行業務に携わった後、ニューヨーク支店を経て2000年に楽天に入社。社長室長、経営企画室長などを歴任後、自らが手掛けた米国リンクシェア社買収を機に、ボストンに拠点を移し、Rakuten USAで2009年まで3年間勤務。

入社以来楽天グループの国内外のM&A案件を多数手掛けると同時に、国内外のネットワークも活かしながらグループの次なる事業の柱となるサービス探索・投資活動を行う。

その後、楽天株式会社執行役員ネットマーケティング事業長 兼 事業企画・調査部長を経て2011年に独立しサードギア株式会社を設立。次世代を創るベンチャー企業の育成に務めながら、多くのエンジェル投資を自ら行う。

2013年2月22日にゴールフラッグ株式会社を設立(後に社名を「きびだんご株式会社」に変更)、同社代表取締役Chief Momotaro就任。翌月3月8日にクラウドファンディングとECを組み合わせた新しい事業エンパワーメントの仕組み「プロジェクトコマース」を提供する「kibidango(きびだんご)」をスタート。

きびだんごの事業内容についてご説明ください

事業者のチャレンジのお手伝い

きびだんごは「事業を行う方々がモノづくりやサービス提供などの新たなコトにチャレンジする際に、消費者などエンドユーザから直接支援を受け、先にお金を預かりながらやりたいコトを実現する」お手伝いをします。

誰でも自分のスキルや才能を生かせる「やりたいコト」を持っているけれど、実際には様々な理由でそれが実現できていないことってありませんか?

「新たな商品を販売したいが、ロットの壁がある」「需要がどれくらいあるのか分からずに、社内の賛同を得られない」「そもそもどうやったら売ることができるのか分からない」など。

きびだんごは、実現したいアイディアや市販化したい試作品を先に一般のみなさんに広く公開し、自分のやりたいと思っていることに共感する人達から直接お金を集め、それを実現する仕組みです。


お金を出したユーザーに等価の価値を約束

「クラウドファンディング」と呼ばれる仕組みで、やりたいコトを実現するために最低限必要な目標額が期限までにユーザーから集められれば、その資金が手に入る。

もしお金が期限までに集められなければ手に入らない。めでたく支援が目標額を超えて集まり資金が手に入ったら、それを元手にやりたい事を実現し、資金を出してくれた人達へはその見返りとして、商品や体験、サービスなどお金を出した人にとって等価の価値を約束し、資金が集まってからそれを実行に移します。

「現代の桃太郎」が支援者に渡すのは、まさに「きびだんご」

昔むかし、桃太郎は鬼が島に鬼退治に行くという「目的」を達成するためにイヌ・サル・キジという「仲間」を集め、「支援」を得ながらやりたいコトを実現しました。

そして支援してくれた仲間はもれなく「きびだんご」を受け取りました。

「現代の桃太郎」と言える、自分自身がやりたい事を持っている人達も、桃太郎と同様に沢山の仲間を集めて目的を達成し、その実現に協力した人達は魅力的な「きびだんご」を手に入れられるわけです。

やりたいことを実現する、新たな仕組み

昔むかし、桃太郎は鬼が島に鬼退治に行くという「目的」を達成するためにイヌ・サル・キジという「仲間」を集め、「支援」を得ながらやりたいコトを実現しました。

「きびだんご」は今の時代にとてもあったサービスだと思います。

YouTubeなど、誰もが映像を作って発信できたり、ソーシャルメディアの普及によって、様々な想いが友達や、友達の友達を通じて広がっていく。

そんな時代に、自分自身の強みを生かして商売をされているプロの方々が、自分のやりたいことを実現するために必要なサポートを得るための新たな仕組みがあっても良いのではないかと思って始めました。


全人類が「桃太郎」になれるチャンスが!

人は誰でも自分のやりたいことを持っているはず。

言い換えれば、全人類が桃太郎になれるチャンスを等しく持っているのではないでしょうか。

皆さんが「きびだんご」を通じて、これまで積み重ねてこられたスキルや実績をベースに新しいことにチャレンジしていただければと思います。

新たな資金調達の手段が、より多くのアイデアを生む!

昔むかし、桃太郎は鬼が島に鬼退治に行くという「目的」を達成するためにイヌ・サル・キジという「仲間」を集め、「支援」を得ながらやりたいコトを実現しました。

また、お金が必要な人にとっては銀行からの借り入れや投資家からの出資、行政からの補助金などに加えて「その商品やサービスを直接使うユーザの方々から、先にお金を預かって商品やサービスをお届けする」という新たな資金調達の手段が生まれることにより、より多くのアイディアが世に出て行ければと考えています。

また、単なるお金を集める手段としてだけではなく、プロジェクトオーナーの方々の想いに共感する人達からの応援を背負いながらプロジェクトを実現するという、プロジェクトオーナーと沢山のユーザーの人達とが直接つながることができる仕組みだと考えています。

今後のきびだんごの展望・ビジョンについてお話ください

現時点では「きびだんご」は一般的に「クラウドファンディング」と呼ばれる仕組みを使ってやりたい事を持っている人達を応援するサービスを提供していますが、今後は「ファンの方々と一緒に継続して事業成長を支援していける仕組み」です。

通常クラウドファンディングの仕組みは、プロジェクトを開催する前後は特にお客さんと一緒に盛り上がることが難しいですが、これをプロジェクト開催前、支援募集終了後も継続してお客さんをどんどんファンとして取り込んでいくことができ、継続的に商売を成長していただくお手伝いができる仕組みにしていければと考えています。

きびだんごは松崎さんにとって、どんな魅力を持ったサービスですか?

私自身は、銀行員だった時代から楽天時代に至り、そして独立した後も一貫して「自分自身がワクワク感じる事業の成長を支援する」ことを続けて来ました。

でも、一人でできることには限度があります。そんな中で「きびだんご」は一人一人の皆さんの力を合わせて、一人だけの力ではできなかったことを実現していける仕組みだと思っています。


きびだんごに携わって、毎日、ワクワクしていますか?

はい!『色々な方々の「やりたいコト」を実現するお手伝いをさせていただく仕事』なので、毎日面白いプロジェクトの話が聞けてワクワクしっぱなしの毎日です。

「業界の最新の動向や将来」について、松崎さんの現在のお考えを教えてください

私が今大事だと思っている時代の流れは大きく3つあります。

1. より多くの人がソーシャルメディア等を通じてつながることができるようになり、形あるものだけでなく、形のないものも含めて共有することができるようになる。

2. 個人や小さい組織のできることの割合が大きくなり、大きい組織に代表される既存の枠組みと、個人や小さい組織との関係性が変わってくる。

3. 技術の進歩などを通じて、新しいコトを始めようとするハードルが低くなると、スキルを持ったプロの人達が活躍できる場が以前よりもさらに広がってくる。

「きびだんご」はこうした時代の流れにとても合ったサービスだと考えています。

面白いアイディアが、より早いスピードで拡散していける時代。個人のスキルや経験が企業や国境を越えて発揮できていける時代。

誰でも、何でも簡単にできてしまう時代だからこそリスペクトされる「その道のプロ」の技と実力。

そういう意味では、どんどんと「きびだんご」の仕組みをより誰でも、より簡単に使っていただけるような仕組みにしていければと願っています。

一方で、ユーザーの方々の信頼を裏切るようなことが起こらないように、プロジェクトオーナーとして真に信用できる人達に使っていただけるようなプラットフォームになるための努力も怠らずに行っていきたいと考えています。

社内のスタッフはどんな方々ですか?

個性的な人が多いですよ!ストレングスファインダーで強みを分析するのが皆のマイブームです。

好きな言葉、もしくは座右の銘はありますか?

「一期一会」でしょうか。日々の仕事などのご縁を通じて、自分たちの人生がより豊かになることを常に探しています。

もしご自身がプロジェクトを立ち上げるとしたら、どんなことをしてみたいですか?

「きびだんご」自身が私にとってのプロジェクトなんだと思います。

なので自分がきびだんごでプロジェクトを立ち上げるというよりも、自分がリスペクトする人達がやりたいと思っていることを、応援して実現するということの方により魅力を感じていて、それが今の仕事を続ける動機になっています。

最後に一言!

きびだんごは皆さんの応援があって初めて成功します。

ぜひ皆できびだんごを盛り上げていきましょう!


つい足を運びたくなる場所づくり

あがた / Chief Monkey

愛知県新城市出身。前職は会社経営。知人からの紹介できびだんごのメンバーとなり、「面白い企画とそれを応援したい人たちが集まって育てて行くビジネスモデルに携われることに、充実感を抱いている」と話す。現在は開発やサービスの運用、経理までこなすきびだんごの要的存在。

「きびだんごに来るとワクワクするし毎回変わっているからつい来ちゃうんだよね、って言ってもらえるサービスにできたらいいですよね」と語る。

消費者と共に、作り出す喜びを

あおい / Chief Oni

富山県高岡市出身。前職では高岡市で受け継がれてきた伝統産業「高岡銅器」の技術と、最新の金属加工技術使った商品開発を行っていた。現在はプロジェクトの発掘と、プロジェクトオーナーのフォローに従事している。

きびだんごは「リスクや無駄を回避できることはもとより、消費者と共に作り出す喜びを感じられるサービスだ」と話し、自分自身も「父親が彫金職人をやっているので一緒になにか計画できたら」と夢を語った。

魅力を引き出す究極のお節介集団

みき / Chief Bird

兵庫県姫路市出身。これまで音楽配信サービス、ファッション誌、アパレルメーカーにて 営業や広報宣伝を経験。きびだんごでは、プロジェクトのサポートやPRを担当。

きびだんごの魅力は「メンバー全員が全プロジェクトを『自分ごと化』している所」で、 「皆さんが気づけていない自分の魅力をどんどん引き出したい」と語る。

新しいECの形を作れそうな匂い

やの / Chief Cat

大分県出身。前職はWebデザインをメインに、接客やカメラマン等も務める。メンバーの紹介できびだんごにジョインし、現在はWebデザイン全般を担当。メンバーとブレストしているときが最高にワクワクするのだとか。

きびだんごの魅力を、「プロジェクトオーナーと感動を共有しながらプロジェクトを進められるところ。そして新しいECの形を作れそうな匂いがするところ」と語る。モットーは「ECに愛を」

新しいものを作り出していく人の手助け

ますだ / Chief Dog

岡山県岡山市出身。前職、現職ともプログラマー。きびだんごの代表に誘われてジョインし、現在はシステムの主に裏方部分(サーバーなどインフラ部分)を担当している。

きびだんごの魅力としては、「新しいものを作り出していく人の手助けができること」とし、「ワクワクするプロジェクトがたくさん集まるサービスにしたい」と展望を語った。