呼吸と同じくらい自然に
誰もが「面白いアイデア」を
実現できる未来へ。

松崎 良太

Ryota Matsuzaki

慶應義塾大学経済学部卒業。コーネル大学経営学修士(MBA)

株式会社日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)で投資銀行業務に携わった後、ニューヨーク支店を経て2000年に楽天に入社。社長室長、経営企画室長などを歴任後、自らが手掛けた米国リンクシェア社買収を機に、ボストンに拠点を移し、Rakuten USAで2009年まで3年間勤務。

入社以来楽天グループの国内外のM&A案件を多数手掛けると同時に、国内外のネットワークも活かしながらグループの次なる事業の柱となるサービス探索・投資活動を行う。

その後、楽天株式会社執行役員ネットマーケティング事業長 兼 事業企画・調査部長を経て2011年に独立しサードギア株式会社を設立。次世代を創るベンチャー企業の育成に務めながら、多くのエンジェル投資を自ら行う。

2013年2月22日にゴールフラッグ株式会社を設立(後に社名を「きびだんご株式会社」に変更)、同社代表取締役Chief Momotaro就任。翌月3月8日にクラウドファンディングとECを組み合わせた新しい事業エンパワーメントの仕組み「プロジェクトコマース」を提供する「Kibidango(きびだんご)」をスタート。

事業者のチャレンジのお手伝い

Kibidangoは「事業を行う方々がモノづくりやサービス提供などの新たなコトにチャレンジする際に、消費者などエンドユーザから直接支援を受け、先にお金を預かりながらやりたいコトを実現する」お手伝いをします。

誰でも自分のスキルや才能を生かせる「やりたいコト」を持っているけれど、実際には様々な理由でそれが実現できていないことってありませんか?

「新たな商品を販売したいが、ロットの壁がある」

「需要がどれくらいあるのか分からずに、社内の賛同を得られない」

「そもそもどうやったら売ることができるのか分からない」など。

Kibidangoは、実現したいアイディアや市販化したい試作品を先に一般のみなさんに広く公開し、自分のやりたいと思っていることに共感する人達から直接お金を集め、それを実現する仕組みです。

「現代の桃太郎」が支援者に渡すのは、まさに「きびだんご」

昔むかし、桃太郎は鬼が島に鬼退治に行くという「目的」を達成するためにイヌ・サル・キジという「仲間」を集め、「支援」を得ながらやりたいコトを実現しました。

そして支援してくれた仲間はもれなく「きびだんご」を受け取りました。

「現代の桃太郎」と言える、自分自身がやりたい事を持っている人達も、桃太郎と同様に沢山の仲間を集めて目的を達成し、その実現に協力した人達は魅力的な「きびだんご」を手に入れられるわけです。

やりたいことを実現する、新たな仕組み

Kibidangoは今の時代にとてもあったサービスだと思います。

YouTubeなど、誰もが映像を作って発信できたり、ソーシャルメディアの普及によって、様々な想いが友達や、友達の友達を通じて広がっていく。

そんな時代に、自分自身の強みを生かして商売をされているプロの方々が、自分のやりたいことを実現するために必要なサポートを得るための新たな仕組みがあっても良いのではないかと思って始めました。

全人類が「桃太郎」になれるチャンス

人は誰でも自分のやりたいことを持っているはず。

言い換えれば、全人類が桃太郎になれるチャンスを等しく持っているのではないでしょうか。

皆さんがKibidangoを通じて、これまで積み重ねてこられたスキルや実績をベースに新しいことにチャレンジしていただければと思います。

Meet the team

Kibidangoでは、さまざまなバックグラウンドを持つ個性豊かなメンバーが、あなたからの相談を待っています。

安形 隆広

COO。エンジニアでシリアルアントレプレナー。システム開発/運用およびバックオフィス全般の責任者としてKibidangoの屋台骨を支える。冷静な視点と細やかな気配りにより、常にチームに新たな気付きを与えている。「ワクワクするし、常に変化しているからつい来てしまう」サービスを目指す。速いものが好き。

青井 一暁

前職では伝統産業である高岡銅器と最新の金属加工の技術を活かした商品開発に携わる。Kibidangoではプロジェクトの発掘とサポートに従事。情熱的なアプローチと強い求心力で、担当したプロジェクトオーナーの多くから絶対的な信頼を得る。声がとても大きい。

長島 加奈

美術大学で建築とインテリアを専攻。恩師の紹介によりインターンを経てKibidangoに入社。ドライフラワーのアクセサリーブランド「ainoa」としても活動しており、作り手でありながらやりたいことがある人たちのサポーターをしている。ハンドモデルとしても活動中。オフィスで毎年胡蝶蘭を咲かせている。

岩崎 充

ドイツ生まれアメリカ育ち、心は普通の日本人。普段は静かだがサッカーボールを持つと人が変わる。犬好き。暇さえあればネットで新しいカバンを検索中。

藤原 愛

東京に生まれるが、マウイ島で思春期を過ごし、人生の半分弱をイタリアで過ごす。正に欧と米の両文化の元で修行を重ね、ようやく生まれ故郷のネオンの街東京砂漠に帰還。モットーは"上質な物を永く愛用すること"なので特に革と絹とカシミアが好き。Kibidangoでは逞しいインターン生達に助けられながら、面白おかしい+目から鱗商品の発掘やバイイングを行う。

王 擎

台湾人。大学進学のため2014年に来日。約1年間のインターンを経て2018年大学卒業と同時にKibidangoへ正式に入社。きびたんスタッフとして、今まで世に知られていなかったモノの発掘・紹介を通し、人々の生活に新たな発見やワクワクを提供している。お気に入りのプロダクトはお尻型クッション「Buttress Pillow(バットレスピロー)」。好きな食べ物はカンジャンケジャン。

江連 百香

大学卒業後、地方都市にてコワーキングを運営する制作会社でアシスタントを経験。その後、ひょんなことからKibidangoに入社。主にページ制作等の業務を行なっている。音楽好きで、バンドもやっている。よく気が散る。

劉 鈞易

熱心な勉強家。台湾の大学で地球科学を修め、その後京都にてプロダクトデザインを2年間学び修士号を取得。デザインと環境問題に関心があり、夢は地球温暖化問題にデザインの側面からアプローチする会社を興すこと。現在はKibidangoにて、世界中から集まる多種多様なプロジェクトに関わりながら、日々グラフィックデザインのスキルとビジネスの知見を磨き中。

谷中 歩

ライター、広報、プロジェクトアドバイザーを兼業。多趣味。下戸。年に2、3回は国外逃亡する。パウロ・コエーリョのアルケミストが愛読書。

杉山 由香

Bagのデザイナーを約17年経験後、Kibidangoに入社。アシスタントプロジェクトマネージャーとして、配送/CS/業務改善など色々なサポートを行う何でも屋。座右の銘は”思い立ったが吉日”。好きなことは、祭り、人を家に呼ぶこと、コンペ参加、釣り。民宿の女将(できれば海辺)になることが夢。

真島 美貴

東京生まれ東京育ち。高校3年間カナダへ単身留学し、大学で帰国後に国際ビジネスを学ぶ。前職はWEBマーケティングのディレクター。インターン生だった妹の紹介でKibidangoへ入社し、EC周りを担当。特技は狭い場所にできるだけ多くの物を収納すること。バッグの中は常に整頓されているタイプ。

李 宅民

韓国出身。軍隊の除隊後、中国の湖南省での一年間の留学を経て、2008年9月に日本上陸。日本の大学と大学院では経営を専攻し、前職では会計ソフトの開発を担当。スタートアップ生態系やフィンランドの教育制度に関心があり、世の中に良い影響を与えられる企業の立ち上げと、競争がない世界で楽しく学べる学校を設立することが人生の目標。Kibidangoには、プロジェクトに対して強い思いを持ったオーナー様たちの考え方や行動力、その情熱を身近で感じたく、またクラウドファンディングに対する経営陣の熱い思いに共感し入社。主に、開発や広告、プロジェクトマネジメントを担当。

Contact Us

あなたの物語に世界を巻き込みましょう。Kibidangoにそのお手伝いをさせてください。

プロジェクトを相談してみる