虫嫌いへの救世主!部屋の虫を簡単に外へ逃がせる BUG ROCKET

BUG ROCKET
部屋に苦手な虫が出て、不安で夜も眠れなかった事はありませんか? たとえ虫が苦手ではなくても、部屋で虫を見つけて、退治してから後悔した気持ちに駆られた事はありませんか? 虫が部屋の外で生活してくれさえすればいいのに... BUG ROCKETはそんな人のために作った、部屋の虫を簡単に外へ逃がすことができる新しい製品です。 部屋に苦手な虫が出ても、もう大丈夫。このプロジェクトを通じ、より多くの人にそう思っていただきたいです。 商品化を実現するため、ご支援のほどよろしくお願いします!

部屋に苦手な虫が出ても、もう一人で怯える事はありません!

あなたは部屋で虫を見かけても平気でしょうか? 苦手な方の中には、部屋にクモや羽虫などが出て、不安で夜も眠れなかったなんて思いをした方もいらっしゃると思います。 またあなた以外にも、家族や友達、パートナーなど、一緒に生活する人の中に、虫が苦手な人もいるかもしれません。 そんな方が部屋の外へ虫を簡単に逃がし、安心して過ごすことができる製品をご用意いたしました。

命ある虫を殺したくないというあなたの気持ち、これ一つで叶えられます。

たとえ虫が苦手ではなくても、部屋で虫を見つけて、退治してから後悔した気持ちに駆られた事はありませんか? 虫が部屋の外で過ごしてくれるのなら、わざわざ殺してしまう必要はないのに... そんな気持ちを感じたことのある方はきっと、この製品で思いが叶えられます。

命ある虫、退治せずにお引越し。

「BUG ROCKET(バグロケット)」は、家の中にいる虫を駆除せずに、捕獲して外に逃がしてあげるための製品です。 家の中でたまに出てくる、クモや羽虫。無意識に退治してしまいがちですが、命を奪ってまで快適に過ごすことが、私たちの目指す豊かさなのでしょうか?虫が部屋の外で別居してくれるのなら、わざわざ殺してしまう必要はありません。 虫を逃がすという行為を通じて、人間と同じ尊い「いのち」を持っている事を感じてみませんか。
Bug Rocket(開発中モデル。お送りする製品の下パーツは半透明なシリコンを使用予定)

オプション追加!虫を直視しなくて良い半透明モデル

クラウドファンディング開始後に、購入オプションを追加いたしました。 虫を直視しなくて良い半透明モデルです。 12月18日までに通常タイプをご購入いただいた方の中で、半透明タイプへ変更したいという方にのみ、無料で変更を承っております。詳しくは活動報告をご覧ください。
円筒容器にモザイク加工を施したことで、虫を直視せずに逃がせるようになりました。 下部の漏斗は、シリコン素材で半透明のため共通仕様です。 半透明タイプは虫への恐怖感が和らげられますが、通常タイプの方が捕獲中、虫を明確に追跡することができます。 半透明タイプの金額は、通常タイプに対して1個あたり200円の加算となります。 ①【早割33%OFF】BUG ROCKET 半透明タイプ 1個 1680円 [送料・税込み] ②【セット割引35%OFF】BUG ROCKET 半透明タイプ 2個 3260円 [送料・税込み] ③【セット割引40%OFF】BUG ROCKET 半透明タイプ 3個 4580円 [送料・税込み]
半透明タイプ(左)と通常タイプ(右) ※実際の製品では透過具合が変更になる場合があります

使い方はたったの3ステップ

容器内の漏斗の中に虫を誘導してから、家の外まで運び、漏斗を外して虫を逃がすだけです。
1. 壁にいる虫に向けてプロダクトを被せて、筒の中へ誘導する
2. 虫を捕獲して部屋の外に運ぶ
3. 部屋の外で虫を逃がす

主な特徴

空気を汚さず、安全に使える

殺虫剤と異なり、部屋を有害物質で汚染しません。食材を扱うキッチンや染み込みが気になる寝具の上でもお使い頂けて、お子さんのいるご家庭でも安心安全です。

簡単に捕まえられる

クモのような跳ねる虫や羽虫は、小さめの漏斗を被せると容易にその中へ入っていきます。開発時点でも、簡単かつ恐怖心を持たずに捕まえられています。 また、試作モデルは不透明なプラスチックでできていますが、お送りするモデルは半透明のシリコン素材を使用するため、覆いかぶせた上からも虫を追跡することができます。

虫がどこにいても捕まえられる

漏斗の端面を弾力のあるシリコン素材にすることで、凹凸のある壁でも虫を捕まえることができます。また捕獲部分は四角形のため、端にいる虫も捕まえられます。

どのような部屋にもなじむ

使われていない時間の方が長い製品だということを考慮し、無色半透明な素材を使用して、どのようなお部屋にも馴染む外観を目指しました。

虫への恐怖感を和らげる構造

虫が苦手で、手を近づけるだけでも怖いと思う人は多くいます。このプロダクトは縦に長く、プロダクトの先端で虫を捉えることができるため、虫が苦手な方でも虫との距離を保って使うことができます。

開発のきっかけ

きっかけは、部屋の中にいる羽虫を見かけた時です。部屋の中にいる羽虫やクモを外に簡単に逃すことさえできれば、部屋の中で虫の命を不必要に奪うことも少なくなるのではと考え、実際に手元にあるもので試作をしてみました。
第一試作器で虫を捕まえる様子
実際にそれを使ってみた時、外へ逃がすことがとても容易になりました。そして普段退治していたはずの虫を逃がすことで、罪悪感が弱まるのを感じました。 それで、この試作器をより使いやすい形にデザインし直すことで、より多くの人にこれを使ってほしいと思い、このプロジェクトを始めました。

開発について

総計50回に渡る、漏斗形状の試行錯誤

検証においては、3Dプリンターで漏斗部分を出力比較し、モデルをブラッシュアップしました。 その回数は最終的に、総計50回に渡りました。漏斗形状については、最も虫を誘導しやすく、かつ逃げられにくい形状を算出するために試行錯誤を繰り返しています。
検証用に作成した漏斗

検証方法

様々な虫がいる中で今回は、チャスジハエトリというクモを検証に採用しました。羽虫と違って壁を登って外に出る必要がある上、日本では家の中で見かけることの多い虫であるためです。 はじめに複数パターンの漏斗形状をスケッチし、それらを比較して、虫が中へ入りやすく、かつ外へ逃げにくい形状を求めました。
漏斗の形状比較
そしてその後、虫が登りやすい高さと穴までの傾斜角を、モデルを複数用意し比較して求めました。
複数の高さで比較
複数の傾斜で比較
透明な台を用意し、裏側からクモの動きを観察しつつ、求めた理想的な寸法が、床から垂直に10mmの高さを設け、穴に向けて45度の傾斜をつけることでした。また、どこから入ってきても捕まえやすさに偏りが生じないよう、口の形は正方形としました。 そして容器のサイズ、穴の大きさに関しても同様に、逃げられにくく、かつ被せるのに問題のない大きさを比較して求めました。その結果、虫を囲う四角形の一辺を60mmにし、抜け出す穴を20mmというサイズを採用することになりました。 この寸法を元に、製品のデザインを行いました。

デザイン

虫は部屋の隅に行く場合が多いので下部は四角形にして対応しました。上部は持ちやすさや、逃がしやすさを考慮して隅の無い円形を採用しました。 全体を透明や半透明な素材で構成することで、虫の居場所がわかります。また、部屋の中で存在感を消すためにも効果的です。 名前にもあるように、虫を狭い屋内から、広い屋外へ逃がすロケットというイメージで、下部はロケットの発射口とジェット噴射をイメージして渦巻状にしました。
漏斗部分(半透明なシリコン素材を使用予定)

捕獲した虫の逃げにくさの検証

この漏斗を用いて、実際に虫を捕獲してからどのくらい製品の中に留まるか、羽虫を容器の中に閉じ込め、外に出ていくまでの時間を計測しました。
室外で捕獲したキンバエという比較的大型のハエを用いてこの検証を5回行ったところ、容器内に誘導してから10分間は、漏斗の外へ出てくることは一度もありませんでした。
室内で捕獲したコバエを用いてこの検証を5回行ったところ、コバエが漏斗を抜けて外に出る平均脱出時間は2分58秒でした。
また、アダンソンハエトリグモという、室内で出てきやすいクモを用いてこの検証を5回行ったところ、容器内に誘導してから10分間は、漏斗の外へ出てくることは一度もありませんでした。
つまりこの検証においては、クモにおいては脱出の恐れは無く、羽虫においては偶発的に穴を抜けることがあっても、脱出するまでの間に外へ逃がす時間はほぼ十分にありました。
検証結果
また、それでも虫が出てくる穴が空いているだけで不安だという方は、漏斗部分に蓋をして製品を密閉してください。 下敷きのような板状のものを乗せても、ティッシュなどを穴に詰めるのでも密閉可能です。

調達資金の用途

今回のプロジェクトで集めた資金の内訳は、主に金型代と材料費の2点になります。 漏斗部分の金型代、そして、漏斗部分と容器の材料代が、今回の製造において必要となります。 中でも金型は製造するのに約10万円程度かかり、これが大きな比重を占めています。 そのため今回は、購入数が合計100台以上に到達する事で、商品化が実現することになります。
調達資金の内訳図(100台製造の場合)

プロジェクトメンバーについて

このプロジェクトは、デザイン、工学、アートといった、様々なバックグラウンドを持った仲間達で立ち上げられました。 ユーザーの方に満足してもらえる製品を製造できるよう、試作と議論を重ねてきました。
プロジェクトメンバー(左から、深尾、飯島、水野、竹村)
中でも開発は、エンジニアの飯島とデザイナーの水野の二人で、約1年をかけて行われました。 製品のコンセプトから素材の選定、ターゲットユーザーの検討とリサーチ、外観のデザインなど、細分化されて不透明化しやすい、様々な意思決定を2人で行いました。 ハードウェアスタートアップは初期費用が高価で参入障壁が高いと言われている中、この少人数での取り組みはこれからの新しいものづくりに向けた挑戦でもあります。
開発メンバー(左: 飯島 右: 水野)
虫で悩むお客様が本当に求めているものが何か考え、そして、その思いを実際に形にできるよう、試行錯誤を続けてきました。 BUG ROCKETが多くの人へ広がり、虫嫌いな人が不安から解き放たれ、心豊かな生活を送れるようになることが私たちの願いです。

最後に

この製品を通じて、日頃の生活における、身近な命に対する考え方が少しでも変わるといいなと思っています。 どんな生き物も命を持っているということを自覚する上で、最も身近な場面の一つはこの室内での生活です。 コロナウイルスが広まる中、室内で過ごす時間も多いと思いますが、そんな中でこのプロダクトが少しでも役に立てたら嬉しいです。 このアイデアを多くの人に届けるために、これまであらゆる側面で製品について検討してきました。 虫を殺さずに外へ逃がす製品として、自信を持ってお渡しができるものになったと思います。 このプロジェクトに少しでも興味を持っていただいた方には、是非購入いただき、生活の中で製品を使ってみてほしいです。 プロジェクトを成功させて、商品化を実現するためにも、ご協力の程よろしくお願いいたします!

■特定商取引法に基づく表記

事業者
飯島祥、水野諒大
運営責任者
飯島祥、水野諒大
住所
メールにてお知らせいたします
連絡先
メールにてお知らせいたします
E mail
bugrocket.team@gmail.com
特典(商品・サービス)の価格
送料・税を含みます。詳細は特典ごとの記載の通り。
申し込み期限
プロジェクトページ上部に目標金額と併記記載の通り。
支払方法・支払時期
①クレジットカード決済(Visa/Master)・クレジットカード決済(JCB)・楽天ペイ・LINE Pay・コンビニ/銀行ATMでの支払い(Paidy決済)
・当プロジェクトにて提供する特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で与信が行われますが、プロジェクトの募集期限までに目標金額に満たない場合にはプロジェクトは不成立となり、お客様へのご請求は発生致しません。募集期限までに目標金額に達し、取引成立となった場合にのみ、募集期限の 到来をもって決済が行われます。
・クレジットカード決済及び楽天ペイ及びYahoo!ウォレット及びLINE Payの場合、各クレジットカード会社等の定める日に引き落としが行われます。
・デビットカードやプリペイド式クレジットカードのご利用はお勧めしておりません。デビットカードを利用された場合は、特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で引き落としが行われますので、ご注意ください。プロジェクトが不成立となった場合には後日、提携金融機関を通じて返金が行われます。また、プリペイド式クレジットカードについては、与信と支払の実行について、通常のクレジットカードとは異なるタイミングで行われることがありますので、各カード会社のガイドラインにてご確認ください。
・コンビニ/銀行ATMでの支払い(Paidy決済)の場合、プロジェクトの募集期限到来月の翌月10日までに、コンビニまたは銀行でお支払いください。コンビニ払いは350円(税込)、銀行振込は振込手数料をお客様にご負担いただきます。口座振替は、支払手数料は発生いたしません。
引渡時期
募集期限までに目標金額が集まった場合に当プロジェクトは成立し、プロジェクトオーナーは集まった資金を元手に特典(商品・サービス)を支援者に提供する義務を負います。特典(商品・サービス)の引渡時期は、特典(商品・サービス)欄の記載の通りです。
返品・キャンセルについて
お申込みをキャンセルする場合には、申込期限の2営業日前の日の午後6時までに、その旨をきびだんご事務局( info@kibidango.com )までメールでご連絡ください。ただし、キャンセルのお申し出があった時点において、当該商品またはサービスにつき目標数量以上のお申込みの意思表示がされており、かつ、当該キャンセルを認めると目標数量を下回ることとなる場合はキャンセルすることはできません。(詳細はユーザー規約をご覧ください。)

コメント

集まった金額

  • ¥395,300
0 %

目標は ¥140,000 に設定されています。

プロジェクトは 2020/12/13 に達成し、 2021/2/8 23時 59分までサポーターになることができます。

募集期間

  • 14 日 プロジェクト終了まで残り

プロフィール

  • BUG ROCKET


  • 暮らしに寄り添い、幸せや豊かさが感じられるデザインを目指してプロダクト開発を行うユニット。 飯島 祥 エンジニア。九州大学機械航空工学科を卒業後、IAMAS(情報科学芸術大学院大学)に入学、メディア表現研究科を修了。 卒業後はワントゥーテン(株)にエンジニアとして入社し、IoT製品開発や広告制作に携わる。 Instagram:shoiijima Twitter:shoiijima 水野 諒大 プロダクトデザイナー。九州大学芸術工学部でプロダクトデザイン、同大学院でデザインストラテジーを専攻する。卒業後はコクヨ(株)にプロダクトデザイナーとして入社し、オフィス家具の先行開発や製品開発に携わる。 HP:https://r-mizuno.myportfolio.com/ Instagram:m.ryodai Twitter:ryodai_mizuno
  • BUG ROCKETさんへ意見や質問を送る

プロジェクトオーナーのイチオシ特典

【セット割引40%OFF】Bug Rocket 3個 [送料・税込み]

¥ 3,980

製造したプロダクトを3個、梱包して配送先住所へお送りします。最もお得にご購入頂けるプランです。 【お届け時期】 2021年6月下旬

サポーター数 26 

特典としての商品・サービス

【早割25%OFF】Bug Rocket 1個 [送料・税込み]

¥ 1,680

製造したプロダクトを1個、梱包して配送先住所へお送りします。 早期のご購入で、通常よりも割引価格でご購入いただけます。 【お届け時期】 2021年6月下旬

サポーター数 15  | 数量限定あと 185

【10%OFF】Bug Rocket 1個 [送料・税込み]

¥ 1,980

製造したプロダクトを1個、梱包して配送先住所へお送りします。通常価格よりも割引価格で購入することができます。 【お届け時期】 2021年6月下旬

サポーター数 2 

【セット割引35%OFF】Bug Rocket 2個 [送料・税込み]

¥ 2,860

製造したプロダクトを2個、梱包して配送先住所へお送りします。通常価格よりも35%の割引価格で購入することができます。 【お届け時期】 2021年6月下旬

サポーター数 19 

【セット割引40%OFF】Bug Rocket 3個 [送料・税込み]

¥ 3,980

製造したプロダクトを3個、梱包して配送先住所へお送りします。最もお得にご購入頂けるプランです。 【お届け時期】 2021年6月下旬

サポーター数 26 

【早割33%OFF】BUG ROCKET 半透明タイプ 1個 [送料・税込み]

¥ 1,680

虫が苦手な方向けに、円筒容器にモザイク加工を施しています(下部は共通です)。 製造したプロダクトを1個、包装して配送先住所へお送りします。 【お届け時期】 2021年6月下旬

サポーター数 16  | 数量限定あと 34

【セット割引35%OFF】BUG ROCKET 半透明タイプ 2個 [送料・税込み]

¥ 3,260

虫が苦手な方向けに、円筒容器にモザイク加工を施しています (下部は共通です) 。 製造したプロダクトを2個、包装して配送先住所へお送りします。 通常価格よりも35%の割引価格で購入することができます。 【お届け時期】 2021年6月下旬

サポーター数 2 

【セット割引40%OFF】BUG ROCKET 半透明タイプ 3個 [送料・税込み]

¥ 4,580

虫が苦手な方向けに、円筒容器にモザイク加工を施しています (下部は共通です) 。 製造したプロダクトを3個、包装して配送先住所へお送りします。 最もお得にご購入いただけるプランです。 【お届け時期】 2021年6月下旬

サポーター数 0 

【早割33%OFF】Bug Rocket 1個 [送料・税込み]

¥ 1,480

売り切れ

製造したプロダクト1個を、梱包して配送先住所へお送りします。 早期のご購入で、通常よりも割引価格でご購入いただけます。 【お届け時期】 2021年6月下旬

サポーター数 100  | 数量限定あと 0

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?