手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

~セルビアンナイト~ 食べてセルビアを知ろう!旅の報告会

セルビアンナイト
セルビアという国名にみなさんは何を思い浮かべますか?9月の中旬にそのセルビアで郷土料理を学んできました。 えっ、何も?という方のために簡単な説明を。旧ユーゴスラビアに属し、アドリア海をはさんだイタリアの東に位置する、テニスプレイヤー、ジョコビッチの母国です。イタリアやトルコ、ハプスブルグ家、ロシアの支配や影響を受けた歴史は、食にも多彩な魅力を与えています。  11月19日(木)に旅のディナー報告会「セルビアンナイト」を開催いたします。 旅の写真と音楽を背景に、セルビア料理をお召し上がりください。

はじめまして

旅する女将、橋本典子です。「旅する女将」の肩書は、店舗を持たずシェアカフェやイベントコラボで「典子食堂」を行っていることが背景になっています。2011年より災害ボランティアとしてたびたび東北へ足を運び、乗合での夜食の差入れと現地での自炊が「典子食堂」の前身であることも大きな要因です。「女将」の所以は、着物が好きで和服姿が女将さんのようだとよく言われるため。これらをよく知るボランティア仲間が、出張料理人として独立する際につけてくれました。 東北ボランティアをはじめたきっかけは、1995年の阪神大震災発生時に神戸で被災した親友のもとに駆けつけられなかったことが心残りであったため。また、当時は海抜2m前後で海まで歩いて5分という職場に勤務しており、沿岸地域での被災が他人事とは思えず、いてもたってもいられない気持ちでその年の6月に南三陸へ向かいました。  初作業は仙台市若林区の民家で震災間3か月手つかずのお宅の瓦礫撤去。ほぼすべての家財道具を瓦礫として運び出し、土砂をとりのぞき、床板をはがし、当たり前の日常がほんの数時間で失われる儚さを体感しました。 南三陸町防災対策庁舎(2011年06月26日)

セルビア料理との出会い

南三陸での経験がきっかけとなり、今までやりたかったことは先延ばしにせずはじめることに。そのひとつとして、日本に滞在中の外国人によるNiki's Kitchenなどの料理教室に通いはじめました。  手打ちパスタに興味があり、最初に受けたクラスはバチカンの修道女から習ったというレシピでしたが、パスタマシンが必要なためもっと手軽なものを、と探して見つけたのがセルビア料理のクラス。国による文化の違いは、虹の七色のように境界があいまいで少しづつ変化していくものだと思っていたというJelena先生の説明通り、セルビアは周辺各国の影響を受けた多彩な食文化を持っています。   2011年8月に初めて受けたクラスは田舎料理。丸鶏で丁寧にとった滋味あふれるスープと、土鍋をオーブンで焼くという技法に感動し、「この先生についていこう!」と心に決めた思い出の料理です。 ●モンテネグロの赤ワイン『Vranac』 ●祖母のチキンスープ『Pileca supa』  ●セルビアの祖父母の村のパスタ:ドマーシゼランチ  『Domaci rezanci』 ●セルビアの夏の代表料理チキンベジタブルシチュー  『Djuvec sa piletinom』 ●お菓子:ケシの実のシュトルーデル  『Poppy strudel Serbian way』

東北の食材で世界の家庭料理を食べる会

東北での災害ボランティア活動も継続し、瓦礫の撤去が一段落すると農業支援、漁業支援へとステージが変わり、ボランティアセンターを通したマッチングから、個人とのつながりへと変化がおこりました。  乗合での差入れが評判となり、2012年12月に東北ボランティアの仲間たちとパーティを開き、1日シェフを務めました。相談を重ねたメニューは、バイキングスタイルの各国家庭料理と宮城県石巻市の牡鹿半島直送の素材のグリル。ドレスコードの東北支援Tシャツと、東北のお酒を手に26名が集まりました。  準備の過程で見えてきたのは、東北沿岸部から入手できる食材は魚や牛乳などの原料に限られ、スモークサーモンや、チーズ、バターなどの加工品が手に入らない現実。震災から1年9か月経っても、工場や冷蔵庫などの設備が復旧されていない現実を再認識することとなりました。  「東北の食材で世界の家庭料理を食べる会」はボランティア仲間の東京での情報交換の場として回を重ね、気づけば「典子食堂」の呼び名が定着。被災地域から食材を取り寄せるうち、生産者や卸業者、東北に拠点を移した仲間との結びつきも生まれました。 2012年12月 第1回典子食堂にて

セルビア旅行

9月18日から26日にかけてのセルビア旅行は、4年間クラスに通ったJelena先生が企画した現地ツアー。修道院やレストラン、教室や個人のご家庭などで料理のワークショップに参加しましたが、何はさておき、まず「お茶っこ」で、帰り際には「あれも持って行け、これも持って行け」と手土産がたくさんになる人情の厚さは日本の田舎と通じるもを感じました。また、親日家が多く「日本人は私たちが辛いときに、いつも力になってくれる」と、いたるところで歓迎を受けました。紀元前から現在に至るまでローマ帝国、オスマントルコ、ハプスブルク家、最近ではNATO軍による爆撃などなど、国土が150回も戦場になった歴史をもつ国にとって、遠国からの援助は私たちが考えた以上に心に深く刻まれていたようです。 ベオグラードのサバ教会 ノビパザでベーカリー見学 農場でカイマックづくり体験 コーヒータイム 修道院での昼食

セルビアンナイト

今回、代官山come cafe&osamu barのオーナーソムリエ西尾治さんに店舗をお貸しいただき、旅のディナー報告会「セルビアンナイト」を企画しました。  撮りためた写真をプロジェクターで上映もいたします。現地の音楽を聞きながら、目と耳と舌で味わうセルビアの夕べを過ごしませんか? ***************************************************** 日時:2015年11月19日(木)     18:00~20:00    21:00~通常営業となります。 場所:代官山come cafe & Osamu bar    ▶Facebookページ    東京都渋谷区鶯谷町8-10 代官山トゥエルブ2 2F-A    東急東横線 代官山駅 北、西口より 徒歩8分    JR 渋谷駅 新南口より 徒歩5分/西口より 徒歩10分    恵比寿駅 西口より 徒歩10分 メニュー:   カラジョルジェ・スニクラ(チーズを巻いて揚げたヒレステーキ)   ショプスカサラダ(カッテージチーズとトマト、キュウリのサラダ)   プロヤ(コーンブレッド)   シュネノクレ(メレンゲとカスタードのデザート) 旅のお土産:   セルビアで撮影した写真のポストカード5枚セット ☆15名満席となりましたら、スペシャルワインがサービスになります。 会費:5500円 (オーナーソムリエのお勧めワイン3杯、旅のお土産つき) ※募集期間終了後のキャンセルは禁止事項とさせていただきます。 返金には応じられませんが、当日おいでいただけない場合参加の権利を他の人に譲渡することが可能です。3日前までにその旨と代理出席される方のお名前をお知らせください。 定員:10~15名 カラジョルジェ・スニクラ(チーズを巻いて揚げたヒレステーキ) ショプスカサラダ(カッテージチーズとトマト、キュウリのサラダ) プロヤ(コーンブレッド)
シュネノクレ(メレンゲとカスタードのデザート)
これからも現地に足を運びんで生産者を訪ね、自分の目で見て選んだ食材を中心に、世界各国の家庭料理を味わう会を継続して開催してまいります。 その第一回目として今回、代官山come cafe&osamu barのオーナーソムリエ西尾治さんに店舗をお貸しいただき、旅のディナー報告会「セルビアンナイト」を企画しました。  撮りためた写真をプロジェクターで上映もいたします。現地の音楽を聞きながら、目と耳と舌で味わうセルビアの夕べを過ごしませんか? みなさんのご支援をお待ちしております。 旅する女将 橋本典子

■特定商取引法に基づく表記

事業者
典子食堂
運営責任者
橋本 典子
住所
横浜市青葉区青葉台1-11-4 4-201
連絡先
すみやかにメールにてお知らせします。
E mail
ladybug.noriko @ gmail.com
特典(商品・サービス)の価格
送料・税を含みます。詳細は特典ごとの記載の通り。
申し込み期限
プロジェクトページ上部に目標金額と併記記載の通り。
支払方法・支払時期
①クレジットカード決済(Visa/Master)
・当プロジェクトにて提供する特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で与信が行われますが、プロジェクトの募集期限までに目標金額に満 たない場合にはプロジェクトは不成立となり、お客様へのご請求は発生致しません。募集期限までに目標金額に達し、取引成立となった場合にのみ、募集期限の 到来をもって決済が行われます。
・クレジットカード決済及び楽天ID決済の場合、各クレジットカード会社等の定める日に引き落としが行われます。
・デビットカードやプリペイド式クレジットカードのご利用はお勧めしておりません。デビットカードを利用された場合は、特典(商品・サービス)にお 申し込みいただいた時点で引き落としが行われますので、ご注意ください。プロジェクトが不成立となった場合には後日、提携金融機関を通じて返金が行われま す。また、プリペイド式クレジットカードについては、与信と支払の実行について、通常のクレジットカードとは異なるタイミングで行われることがありますの で、各カード会社のガイドラインにてご確認ください。
②PayPal決済
募集期限よりも前に当プロジェクトの目標金額が達成された場合(すなわち、当プロジェクトが成立することが明らかとなった場合)は、その時点以降 お申し込みいただく方に限り、上記①のお支払方法に加えて②PayPal決済によるお支払いを選択することができます。②Paypal決済をご利用いただ いた場合は、お申込みの時点で決済が行われます。引落日は、Paypalを運営するPayPal Pte. Ltd.の定めるところによります。 
引渡時期
募集期限までに目標金額が集まった場合に当プロジェクトは成立し、プロジェクトオーナーは集まった資金を元手に特典(商品・サービス)を支援者に提供する義務を負います。特典(商品・サービス)の引渡時期は、特典(商品・サービス)欄の記載の通りです。
返品・キャンセルについて
お申込みをキャンセルする場合には、申込期限の2営業日前の日の午後6時までに、その旨をきびだんご事務局( info@kibi-dango.jp )までメールでご連絡ください。ただし、キャンセルのお申し出があった時点において、当該商品またはサービスにつき目標数量以上のお申込みの意思表示がされており、かつ、当該キャンセルを認めると目標数量を下回ることとなる場合はキャンセルすることはできません。(詳細はユーザー規約をご覧ください。)

コメント

これまでに集まった金額

  • ¥66,000
0 %

目標は ¥55,000 に設定されています。

プロジェクトは 2015/11/09 に達成し、2015/11/11に募集を終了しました。

プロフィール

  • 旅する女将 橋本典子


  • 旅する女将。 ワインエキスパート。 神奈川県生まれ。英語英文科卒業後、横浜の食品会社に入社。本社経理課で税務や管理会計に携わり、内部監査や会計システムおよびレストランの立ち上げに従事。2006年に日本ソムリエ協会認定「ワインエキスパート」の資格を取得。11年の東日本大震災を機に災害ボランティアに従事。12年からは、東北の食材で世界の家庭料理を食べる会を主催し、15年に退社後、独立し現職。 典子食堂: セルビアなどバルカン半島諸国専門の出張料理。国内の農業や漁業、養蜂場、牧場、ワイナリー等を訪ね、探した食材をテーブルに載せてお客様と生産者、日本と世界の橋渡しをする食堂。
  • 旅する女将 橋本典子さんへ意見や質問を送る

特典としての商品・サービス

旅のお土産(送料込み)

¥ 500

受付終了

セルビアで撮りためた写真を旅のお土産としてポストカードにいたしました。 体験したワークショップや風景などを集めた5枚セット。 残念ながらディナー報告会には参加できないけれど・・・という方にお届けいたします。

サポーター数 0  | 数量限定あと 20

セルビア料理(ワイン・旅のお土産つき)

¥ 5,500

受付終了

今回、代官山come cafe&osamu barのオーナーソムリエ西尾治さんに店舗をお貸しいただき、「セルビアンナイト」を企画しました。 旅の写真をプロジェクターで上映もいたします。現地の音楽を聞きながら、目と耳と舌で味わうセルビアの夕べを過ごしませんか? ******************************** 日時:2015年11月19日(木)     18:00~20:00    21:00~通常営業となります。 場所:代官山come cafe & Osamu bar    東京都渋谷区鶯谷町8-10       代官山トゥエルブ2 2F-A    東急東横線 代官山駅       北、西口より 徒歩8分    JR 渋谷駅       新南口より 徒歩5分       西口より 徒歩10分    恵比寿駅       西口より 徒歩10分 メニュー:   カラジョルジェ・スニクラ   ショプスカサラダ   プロヤ   シュネノクレ 旅のお土産:   セルビアで撮影した写真の   ポストカード5枚セット(郵送となります) ☆15名満席となりましたら、スペシャルワインがサービスになります。 会費:5500円 (オーナーソムリエのお勧めワイン3杯、    旅のお土産つき) ※募集期間終了後のキャンセルは禁止事項とさせていただきます。 返金には応じられませんが、当日おいでいただけない場合、参加の権利を他の人に譲渡することが可能です。3日前までにその旨と代理出席される方のお名前をお知らせください。 定員:10~15名

サポーター数 12  | 数量限定あと 3

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?