手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

「サボテンオイル」でモロッコ女性の雇用を創出、持続可能な成長の仕組みを作りたい!

thumbnail
▶ 再生
「サボテンオイル」がモロッコを救う!モロッコ人起業家の挑戦。 モロッコ原産「サボテンオイル」は100%オーガニック、高い抗酸化力と保湿力、希少性から究極のアンチエイジングオイルといわれています。 日本では知る人ぞ知るこのオイルを広めることで、日本女性にはきれいになってもらい、モロッコ女性に仕事を提供し、持続的な経済成長の仕組みを作りたい!というプロジェクトです。 今回のご支援金はサボテンオイルの商品化20ml*1000本(販売価格8000円)のための原材料購入・商品化費用に使わせていただきます。

追加情報

■はじめまして!モロッコ出身、MOHAMEDです。

アミール駐日モロッコ大使と。2015年11月パーティにて、激励の言葉をいただきました。
みなさん、こんにちは。MOHAMED DIDOUH(モハメッド ディドゥー)、1985年生まれの30歳です。 モロッコ王国から来ました。フェズという街の出身です。 さて、私は2010年に日本に来日して6年目、来日して仙台で東日本大震災で被災するなどの経験もしました。その後関東へ移り、飲食店で働いたりWEBデザインなどの仕事をしてきました。 得意なことはデザインで、今回の「サボテンオイル」のパッケージ、ラベル、WEBサイトなどはすべて自分でデザインしています。

■モロッコってどんな国?

私の母国モロッコは、アフリカ大陸の北西端に位置し、 日本の1.2倍面積、人口3,252万人の国です。 ヨーロッパの影響を受けつつも独自の文化をもっており、色鮮やかなモロッカンモチーフのタイルや、バブーシュなどの工芸品で有名です。 産業では、農業、水産業が主で、それ以外では国の経済を支えるような大きい産業がないため、失業・雇用の問題をはじめ、医療、教育などの問題が常にあります。また先進国に比べ女性が働いたり、社会的活躍できる環境の整備がおくれています。特に農村部では働く場所がなく、困っている女性も多くいるのです。 近年では女性の自立支援への動きも高まっており、オイル生産に携わる女性の労働組合をつくったりなど、働く環境を提供するのもその1つです。
モロッコはアフリカの北西端にあります。首都はRABAT(ラバト)、Guelmim(グルミン)は今回のプロジェクトのサボテン生産地です。

■日本とモロッコの関係

日本とモロッコは親しい関係にあります。日本はモロッコへ様々な国際協力・支援を行ってくれています。インフラの整備や人材育成、水産・農業支援といったODAのプロジェクトや国際ボランティアの派遣などです。

モロッコ人としては、日本のこのような協力をとてもありがたく思う一方で、モロッコ自身が自分達で経済成長をつくっていかないといけないとも考えています。

■国連も期待する「サボテン」産業、究極のアンチエイジング「サボテンオイル」を日本へ

ウチワサボテンの熟した実 
モロッコは実は、美容大国と言われており、 アルガン、サボテン、ローズフラワーといったオーガニックの美容原料が豊富です。 それらのおかげで、モロッコの女性は乾燥の激しい土地でも女性は美しい肌と髪を保っています。私の家族の中でも95歳の祖母の肌はその歳に思えないきれいさですよ。

特に、「サボテン」は付加価値の高い農作物としてビジネスの可能性が高く、輸出が奨励されています。国連もサボテン産業に期待を寄せ、モロッコに対し、国連開発計画(United Nations Development Programme、UNDP)を通じ、技術支援のために170万ドル(約1億3000万円)の資金援助を行っています。
ただ、年に1回しか実が採取できないことや、種子から抽出できるオイルはほんのわずかなこともあって、サボテンオイルの生産量は多くありませんでした。それらの理由で「サボテンオイル」は日本ではほとんど知られていません。私は、日本で「サボテンオイル」の認知を高め、ファンになってもらえれば、継続して日本で商品を販売し、モロッコでは生産体制を増やすことができると考えました。
運よくサボテンオイルの生産を行う生産組合に出会うことができました。場所は上の地図で示しているGuelmim(グルミン)という砂漠地帯にあります。彼らは自分たちの農園で収穫したサボテンをサボテンオイルとして生産しています。またモロッコ女性の自立支援を積極的に行っており、理念にも共感できたため、生産のパートナーをお願いしました。

そして私は日本に戻り、日本で販売する準備をはじめました。
今回美容原料の中でも「サボテンオイル」にフォーカスしたのは、もちろん素晴らしい効果のあるオイルだということと、先に述べたように付加価値が非常に高く、モロッコの女性に働く環境を提供し、モロッコの経済成長を促す仕組みが作れると考えたからです。

では次にプロジェクトの主役「サボテン」についてご説明しますね。

■今回のプロジェクトの主役「サボテン」について

厳しい環境のモロッコの砂漠に根をはるサボテン 
今回のプロジェクトの主役「サボテンオイル」は正式には ウチワサボテン/ORGANIC PRICKLY PEAR SEED OIL (INCI Name: Opuntia Ficus Indica Seed Oil) といいます。 みなさんのサボテンのイメージとは少し形が違うかもしれませんね。(メキシコ産のサボテンとは形がちがいます)

このサボテンの収穫シーズンは7月。 黄色のかわいらしい花がさいた後に実をつけます。

これがウチワサボテンの実です。 さすがにサボテンの実だけあって、トゲトゲがありますね。 ちなみにサボテンの実は食用にもされています。結構おいしいですよ。 実はモロッコでは当初サボテンは食用のみとされていて、種子からできるオイルが美容に優れているとは知られていなかったんですよ。 次に、「サボテンオイル」がなぜ究極のアンチエイジングオイルといわれているか? その理由をご説明しますね。

■サボテンオイルここが究極!5つの理由

◆ここが究極の5つの理由その①「ビタミンE含有量がアルガンオイルの1.6倍、オリーブオイルの3.2倍」

引用:google.com
アンチエイジング(※1)といえば抗酸化(※2)。その抗酸化作用に強い効果を発揮するのが「ビタミンE」ですが、その「ビタミンE」 含有量が、サボテンオイルはアルガンオイルの1.6倍、オリーブオイルの3.2倍もあるといわれています。 サボテンオイル1キロあたり、1000mgものビタミンEといわれています。 シミ、シワ、たるみ、くすみなどの対策に非常に力を発揮します。 ※2:抗加齢、美容業界で使われる肌老化などを防ぐためのケアの呼称 ※1:細胞の老化の元となる活性酸素を除去する働きがあること。つまり老化を防ぐ働き。

◆ここが究極の5つの理由その②「オメガ6など豊富な若返り成分」

引用:Beauty&Co
「ビタミンE」以外にも、肌の若返りに必要といわれている必須脂肪酸である「オメガ6(リノール酸)」も豊富に含まれています。使い続けると肌の変化を感じることでしょう。シワやお肌のハリに力を発揮します! さらに他のオイルは皮膚の薄い目元に使うことはNGとされていますが、「サボテンオイル」は目元の小じわケアにも使えます!

◆ここが究極の5つの理由その③「希少性」


3つめの理由はその希少性にあります。サボテンオイル1L を抽出するのに、なんと8トン(約100万個!)ものサボテンの種子が必要なのです。 さらにオイル抽出の工程には手作業も含まれるため、オイルができあがるまで非常に時間がかかるのです。

◆ここが究極の5つの理由その④「天然成分100%オーガニック」


当たり前ではありますが、PureOild'or(ピュアオイルドール)の扱う「サボテンオイル」は天然植物100%が原料となりますので「エコサート(※1)」「USDA(※2)」といったオーガニックの認証を受けた製品です。 ※1エコサートとは ヨーロッパで規定されているオーガニックの基準を満たしているかを厳しく検査し、 認定を行なう第三者機関です。 フランスの団体ですので、フランスのブランドにつけられる場合も多いですが、 すでに世界スタンダードとなり、オーガニック認証団体の世界基準とも言われています。 引用:オーガニックコスメ認証とは ※2USDAとは USDAとは、United StatesDepartmentofAgricultureの略称で、米国農務省のこと。 日本で言えば、農林水産省にあたる政府機関です。

◆ここが究極の5つの理由その⑤「モロッコ女性の自立支援」のお手伝い


先に述べたとおり、モロッコの農村部では特に、先進国と比べると女性の働く場所が少なく、自立できる環境ではありません。しかし、サボテン種子を採取し、オイルを抽出する工程には、農村部の女性たちが活躍しています。 このようなオイルの生産地域では協同組合を作り、女性たちに正当な賃金が支払われています。 つまり、日本の女性にサボテンオイルを使ってハッピーになってもらえれば、それだけ モロッコの女性もハッピーになる機会が得られるのです!(^^)!

■使用方法

・ブースター(導入液)として 洗顔後、化粧水を使う前にオイルをお顔に塗布し、なじませます。オイルが角質細胞と角質細胞の間を満たし、水分の保湿力を維持させることによって、その後で使う化粧水の浸透力が高まります。 ・気になる箇所のスペシャルケアとして 乾燥やほうれい線、目元の小じわなど、気になるお肌のケアにお使いください。 一滴で顔全体を充分にケアでき、目元周りにもお使いいただけます。 ※防腐剤などが入らない無添加のオイルになりますので酸化します。 半年を目安に使い切るようにお願いします。

■女性だけでなく、男性のエイジングケア、頭皮ケアにも使ってほしい!

究極のアンチエイジングオイルは女性だけでなく、男性にももちろん有効です。 スキンケアの商品をたくさん使う必要はありません。このオイルだけでいいのです。 また男性に多い、白髪や薄毛などのお悩みにも威力を発揮します。 100%ピュアなオーガニックオイルだからこそ安心して使っていただけますよ。 私も将来ちょっと髪の毛が気になるので、「サボテンオイル」を塗布して、頭皮マッサージをよくやっています笑。 長くなってきましたが、次にサボテンオイルの製造工程をご説明しますね。

■サボテンオイルができるまで


今回のオイルの製造元、”cactus-commodities社”の保有するサボテン農場です。

サボテンの実は手作業で収穫します。

収穫したサボテンの実はいったん格納庫で保管されます。

こちらが圧縮機です。サボテンの実をつぶします。

皮や果肉などを取り除き、サボテンの種子を取り出します。

取り出したサボテンの種子を乾燥させます。
熱や化学物資を加えるなどで成分をこわさないように、冷圧搾法(コールドプレス)でオイルを搾取します。

■ブランド名への想い、100%ピュアへのこだわり

PureOild'or(ピュアオイルドール)のロゴ
私たちのブランド、「PureOild'or(ピュアオイルドール)」は黄金の純粋なオイルという意味です。 モロッコの砂漠で自生するオーガニック植物から採れるオイルをそのままに、余計なものを加えずにお客様へお届けしたいという思いで名づけました。 そのため、第一弾の「サボテンオイル」では他のブランドでやっているような香り付けや配合は行いません。 また他のオイルを比べると値段が高く感じられるかもしれません。しかし、先に申し上げたようなアンチエイジング力や希少性、生産工程からすると、妥当な金額となるのです。 ぜひ1本使ってみてください。お使いいただければその違いを実感されることでしょう。 私たちは、自信をもってサボテンオイルをおすすめします ^^

■目標金額を達成次第、輸入手続き開始、早ければ5月から商品をお届け!

今回最小ロットの1000本を商品化にあたり、最小の目標金額を500,000円と設定しました。これは自己資金分を除き、残りの750本分のオイルのみの買い付け・輸入の金額に相当します。もちろん、それ以上を達成することができれば、商品化に必要な容器や化粧箱の購入費用まで賄うことができるようになります。 サボテンオイルの買い付けに必要な金額を確保次第、輸入手続きを開始、早ければ5月以降から商品をお届けいたします!

■私たちの取り組み

モロッコ料理パーティのイメージです。
プロジェクト期間中、より多くのみなさんにモロッコやモロッコ美容、サボテンオイルの素晴らしさを知ってもらうために、定期的にモロッコ料理パーティなどのイベントを実施予定です。 kibi-dangoプロジェクト第一弾としては4月中旬にモロッコ料理パーティを開催します! タジンやクスクスなど手作りのモロッコ料理を食べて もっとモロッコに興味を持っていただくもよし、サボテンオイルの魅力を理解いただければ最高です! 私(MOHAMED)が特製タジンを作りますよ!ちなみに5万円ご支援いただいた方へは出張モロッコ料理のお礼もさせていただきます ^^ 期間中のイベントについては活動報告にて随時情報を掲載させていただきます。
3/19モロッコ料理パーティにて。特製タジン鍋は大人気でした(^^

■メンバーご紹介

PureOild'orメンバー MOHAMED DIDOUH(モハメッド ディドゥー) モロッコ出身。WEBデザイナー。 モロッコでの生産地パートナー開拓や交渉、WEBサイトのクリエイティブを担当。 Aki(あき) ビジネスパートナーの日本人。元WEBディレクター 日本での商品開発や広報、セールスを担当。 <スペシャルパートナー> 金(きん)さん 輸入代行事業を営む韓国出身。輸入手続きをスペシャルにサポートしてくれています。 なんでも相談できてたよりになる存在。 Mr.K(ミスターケイ) 元大手化粧品会社開発部。サボテンオイルの商品化や販促計画をスペシャルにサポートいただいてます。化粧品業界を知り尽くし、きびしいこともびしっと言ってくださるお父さん的な?存在。

■さいごに

はじめは、クラウドファンディングで資金を集めることは考えていませんでした。 年明け、わずかな自己資金で5Lのサボテンオイルを買うことにしましたが、作ることのできる商品は、20mlボトルで約200本強。 しかも、原料として輸入し、日本での製品化に必要な製造ロットは最小でも1000個ということもわかりました。 いろいろと考えた末、できるだけ多くの方に「サボテンオイル」を知って使ってもらいたい、そのためには1000本以上、売るくらいじゃないとだめだと思い、残り750本分の資金をご支援いただくために、クラウドファンディングに挑戦することにしました。 もちろんご購入いただければいただくほど、売上の一部をモロッコへと還元することができます。 今回皆さまのお力をかりて、PureOild'or(ピュアオイルドール)の第一弾商品としての「サボテンオイル」1000本の輸入・商品化・販売を目指します。そして”日本の女性(もちろん男性も)とモロッコの女性をハッピーに””モロッコの経済成長を促す仕組み”を実現していきたいと思います! ご協力よろしくお願いいたします!! シュックラン!(アラビア語でありがとう) Pure Oil D’or MOHAMED
3/19のパーティに集まってくれたお友達のみなさんと。

コメント

これまでに集まった金額

  • ¥503,000
0 %

目標は ¥500,000 に設定されています。

プロジェクトは 2016/05/20 に達成し、2016/05/20に募集を終了しました。

プロジェクトのサポート期間は終了しました。引き続きショッピングをお楽しみください。

ショッピングページ

プロフィール

  • Mohamed Didouh


  • 【クラウドファンディングおかげさまで無事100%達成しました。皆さまありがとうございました!】 モロッコ出身のMOHAMED DIDOUH(モハメッド ディドゥー)と申します。 2010年に日本に来日して6年目、WEBデザイナーをしています。 昨年よりモロッコ発のオーガニックスキンケアブランドを 作る準備を昨年すすめてきました。今回kibidangoを通じて第一弾の100%ピュアのサボテンオイルのプロジェクトにチャレンジすることに非常にワクワクしています! ブランド名の「PureOild’or(ピュアオイルドール)」は黄金のピュアオイルという意味です。 モロッコの砂漠で自生するオーガニック植物から採れるオイルはモロッコの誇りです。日本のみなさんにもぜひそのすばらしさを知ってほしいと思います。 PureOild’or(ピュアオイルドール)のウェブサイトはこちら http//www.pureoildor.com
  • Mohamed Didouhさんへメッセージを送る

ショッピング

プロジェクトは終了しましたが、このプロジェクトに関連する商品をお買い上げいただくことができます。

【初回生産限定】サボテンオイル20m(定価8800円を特別価格8000円(税・送料込み)

【初回生産限定】サボテンオイル20m(定価8800円を特別価格8000円(税・送料込み)

¥ 8,000

きびだんごにログインすると、お買い物カゴボタンが表示されます。

【ご支援者様限定】サボテンオイル20ml(税・送料込み)

【ご支援者様限定】サボテンオイル20ml(税・送料込み)

価格はプロジェクト支援者限定です

価格を見るためには以下の条件を満たしている必要があります。
・きびだんごの会員である
・このプロジェクトをサポートした
きびだんごにログインの上、お確かめください。