Koala A-1| 日本の紙加技術で実現。紙がつくる新しい高音質スピーカー。

2022-08-31 22:15:00 活動報告一覧に戻る

Vol.3 第1回 試聴会のお知らせ

製品の概要について

 本クラウドファンディングにおける

製品の概要についてはこちら(https://kibidango.com/2189)

よりご覧になれます。※2022/9/11現在 支援受付(予約販売)は開始されておりません。


第1回目の試聴会を東京・渋谷で行います

米田オーディオの米田です。 お待たせ致しました。第一回目の試聴会の場所と日時が決定致しましたのでお知らせさせて頂きます。
※上記のご予約フォームからは開始時間1時間前まで受け付け可能です。 ※ただし、人数が定員に達した時点で予約は締め切らさせて頂きます。(先着15名様)


オーディオ製品にはCDプレーヤーやレコード、各種接続ケーブルなど色々ありますが、スピーカーはかなりはっきりと違いが出ます。普段オーディオ製品から遠い方でも、すぐ聴いて分かる違いがあります。人の声の生々しさ、楽器の細かな形がどれほどくっきり浮かぶか、明らかに変わります。 普段お使いのスピーカーとKoala A-1がどのような違いがあるか、その耳で確かめに来ませんか? お会いできることを楽しみにお待ちしております。


第二回目以降もお楽しみにお待ち下さい、ぜひフォローもお願いします

場所、日時共に検討中ですが試聴会は第二回目以降も引き続きやっていこうと思います。お楽しみにして頂ければ幸いです。決まり次第、こちらの活動報告でお知らせさせて頂きます。 プロジェクトをフォローして頂いた場合、試聴会含めた最新情報がいち早く入手いただけます。(登録メールに最新情報が届きます) 是非フォローの方もお願い致します!
引き続き当プロジェクトをよろしくお願いいたします。 米田 優

このページに初めて来た方へ

★★プロジェクトの概要★★

オーディオファンと紙職人が手を組んで作る、新しい高音質スピーカー Koala A-1の製品化を目的としたクラウドファンディングプロジェクトです。本体を紙で製作することにより優れた音質とインテリア性を達成する製品を作ることを目指します。


 本クラウドファンディングの

製品の概要についてはこちら(https://kibidango.com/2189)

よりご覧になれます。


プロジェクトページ

現在は試作機が完成した状態で、クラウドファンディングを通して一定以上の支援が集まればKoala A-1の製品化が決定し、製品はご支援者様の元にお届けされる予定です。

詳細ページには製品の仕様や生い立ち、プロジェクトに関わる人のことが記載されています。よろしければご覧ください。 (支援受付は9/11現在まだ開始されていません。現在はプレページが公開されています)

※クラウドファンディングというと耳馴染みのない方も多いかもしれません。新しい製品やサービスを作るため、プロジェクトを支援してくれる人をWebを中心に広く募る仕組みです。支援者には支援金額に応じて、そのプロジェクトを通して作られる製品やサービスが返礼品としてお届けされます。 近年では一例として、『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化がクラウドファンディングを通して実現し(https://www.makuake.com/project/konosekai/)、さらに映画が史上最長のロングランを達成したことによりメディアの注目を集めました。映画のみならず様々な製品・サービスがクラウドファンディングを通して世の中に生み出さされることが徐々に広まりつつあります。

※本プロジェクトの場合、支援受付開始後に、新しい高音質スピーカーKoala A-1が返礼品として選択できるようになります。ファンディング達成後に設計、生産準備に入るため納期が長くなってしまうのですが、これまでにない新しいものをいち早く入手できるメリットがあります。

活動報告一覧に戻る

プロジェクトの種

Project Seed !

まだプロジェクトの詳細が固まっていない企画中の「種」をご紹介。「フォローする」を押して最新情報を受け取りましょう!

コメント欄から、プロジェクトへの応援メッセージやご意見などをお寄せ下さい。

プロフィール

  • 米田オーディオ


  • 工房的な発想で少量でも質の高い音を実現し、個々人のライフスタイルに合ったスピーカーを製作するコニー電子合同会社のブランドです。 元々は麻布学園の2007年の学園祭企画として旗揚げされ、代表が「A&Vフェスタ2008(日本オーディオ協会主催)」のスピーカーコンテストにて最年少審査員賞受賞したのをいいことに、東京工業大学でのサークル活動を経て、社会人になった今に至るまで脈々と製作が続けられてきました。 2022年に15周年を迎えました。
  • 米田オーディオさんへ意見や質問を送る

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?