手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

DeskTech:キログラム原器を再現。人類の歴史と技術の進歩を感じるインテリア

DeskTech

プロジェクトの「種」

このページでは、まだプロジェクトの詳細が固まっていない
企画中の「種」プロジェクトを紹介しています。

2019年5月20日キログラムの定義が改定。 130年以上にわたり1kgの国際基準とされてきた白金イリジウム合金製の分銅「国際キログラム原器」が引退し、新定義に改定されました。改定にはドイツや米国、日本の産総研も大きく貢献しています。 【DeskTech】はキログラム原器を緻密に再現したレプリカ。本物同様の光沢や密度を再現することは不可能と言われていた壁を打破し、限りなく本物に近く精巧に作られています。人類の歴史と技術の進歩をデスクの上に。 現在プロジェクト準備中。ぜひフォローお願いします。

DESKX事務局

プロジェクトオーナーに質問したい!プロジェクトにコメントしたい!という方は
左のボタンからコメントを、プロジェクトの進捗が知りたい!という方は
右のボタンからプロジェクトのフォローをお願いします!

文化財を飾る。デスクの上で輝く「国際キログラム原器」DeskTech

約130年以上の間、1キログラムの国際基準とされてきた白金イリジウム合金製の分銅「国際キログラム原器」。【DeskTech】(デスクテック)は、国際キログラム原器を緻密に再現したデスクインテリアです。定義改定後も現物は丁寧に保管され、博物館の展示でさえレプリカしか見ることができないほど貴重な文化財を、あなたのデスクの上に。

国際キログラム原器を精巧に再現

当社の国際キログラム原器は科学の歴史を表現する独自の作品です。キログラムの測定装置として、そして美しく歴史を感じさせる歴史的オマージュとして、最も精巧に作られたものとなっています。
本物のキログラム原器は製作に数十万ドルもの費用が掛かっており、本物同様の材料、作成方法で家庭用のレプリカを作成することは不可能です。 そこで当社は試行錯誤を重ね、現代の最先端技術を駆使しニッケルメッキを使用することで、本物同様の美しい光沢を再現することに成功しました。さらに原子番号74タングステンを用いることで、本物と同じ密度・サイズ感を実現。4つの角度(22.5°、45°、67.5°、79°)から、ピースの面取り部分のインスピレーションを取り入れた、限りなく本物に近い製品となっています。

タングステンを使用。現物と同じサイズ感・驚きの重量感を実現

当社独自の国際キログラム原器を製作する為には数カ月にも及ぶ慎重な開発が必要でした。現物のように光り輝く光沢、耐久性、密度を低コストで実現させる必要があったからです。その結果辿り着いた素材が原子番号74「タングステン」でした。 手のひらに収まる程のサイズで1kg。当製品と同サイズの物体でこれほど重量があるものは恐らくほとんどの人が手に取ったことがないでしょう。
タングステンは地球の地殻の中で、たった100億分の1のみ含まれている非常に稀な元素です。3,410°C(6,170°F)という金属の中で最も高い融点を持っており、加工作業が非常に困難である金属でもあります。しかし高レベルの圧縮と熱に耐えることができるため、ロケットエンジンノズル、放射線遮蔽、および航空宇宙工具にとって理想的な合金として知られています。

クリエイティブパーソンの方へ。贈り物としても

地球上で最も高密度で最も硬い材料の1つで作られたこちらの製品は、STEM(科学・技術・工学・数学)に興味がある人にとって美しく最高の贈り物です。職場や友達との会話のネタにいかかでしょうか?
学生、科学者、数学者、エンジニア、そしてクリエイティブな方々は、きっとこの頑丈なデザインにつぎ込まれた労力に感心を寄せ、自分で手に取ってみたいと考えるでしょう。一度手に取ってみればこの重さ、高密度さ、頑丈な感覚に驚くこと間違いありません。

人類の転機:キログラムの定義が変わった日

2018年11月16日フランスで第26回国際度量衡総会が行われ、キログラム定義の変更が決定しました。
キログラムの基準となる「国際キログラム原器」は1889年に作成されて以来、以降130年以上にわたりパリの金庫室で厳重に保管されてきました。科学者たちは長い間、国際キログラム原器を劣化させぬよう、敬意をもって取り扱って慎重に扱っていました。しかし例えプラチナやイリジウムを使用した国際キログラム原器であれ、小さな動きや摩擦により、重量測定に小さな欠陥が生じる可能性があります。そこで原器のような可変的な基準ではなく、より精密で普遍的な新たな定義の制定が決議されました。新たな定義の制定には日本の産業技術総合研究所(産総研)も大きく貢献しています。
そして2019年5月20日、国際キログラム原器は引退し、新たなキログラムの定義が採用されることとなりました。これは世界中でより多くの人から認知されるべき、歴史的な出来事です。 DeskTechでは、このような重要な出来事が認知されていないという現実に堪えかね、歴史の一部として、会話の種として、そして何よりも誰もが常に一定であると信じているものでさえ絶えず変化しているという証の為に、国際キログラム原器の当社独自のバージョンを開発しました。

2種類のキログラム原器をご用意しました

左→Contemporary 右→Classic
好みに合わせて2種類のキログラム原器をご用意しています。 それぞれが同じ素材と技法で制作していますが、あなた部屋のインテリアと生活スタイルに応じて異なる外観(ケース)をご提供します。

■Classic

カスタムメイドのガラス製ベルジャーと丸い台が特徴のClassic。ベルジャーが実験や研究室のような科学的な印象を与えつつ、純粋な美しさと上品さを表現します。

■Contemporary

四角い台の上にそのまま展示するContemporary。スマートさと美しさを兼ね備えています。

フォローして最新情報をお待ち下さい。

DeskTechは現在プロジェクト開催に向け準備中です。 フォローして頂いた方には、追加の最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。 ぜひフォローしてお待ち下さい。

■特定商取引法に基づく表記

事業者
きびだんご株式会社
運営責任者
松崎 良太
住所
東京都新宿区上落合3-8-25 FLAMP 1304
連絡先
0369086546
E mail
info@kibidango.com
ホームページ
https://kibidango.com/
特典(商品・サービス)の価格
送料・税を含みます。詳細は特典ごとの記載の通り。
申し込み期限
プロジェクトページ上部に目標金額と併記記載の通り。
支払方法・支払時期
①クレジットカード決済(Visa/Master)・クレジットカード決済(JCB)・楽天ペイ・Yahoo!ウォレット・LINE Pay・コンビニ/銀行ATMでの支払い(Paidy決済)
・当プロジェクトにて提供する特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で与信が行われますが、プロジェクトの募集期限までに目標金額に満たない場合にはプロジェクトは不成立となり、お客様へのご請求は発生致しません。募集期限までに目標金額に達し、取引成立となった場合にのみ、募集期限の 到来をもって決済が行われます。
・クレジットカード決済及び楽天ペイ及びYahoo!ウォレット及びLINE Payの場合、各クレジットカード会社等の定める日に引き落としが行われます。
・デビットカードやプリペイド式クレジットカードのご利用はお勧めしておりません。デビットカードを利用された場合は、特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で引き落としが行われますので、ご注意ください。プロジェクトが不成立となった場合には後日、提携金融機関を通じて返金が行われます。また、プリペイド式クレジットカードについては、与信と支払の実行について、通常のクレジットカードとは異なるタイミングで行われることがありますので、各カード会社のガイドラインにてご確認ください。
・コンビニ/銀行ATMでの支払い(Paidy決済)の場合、プロジェクトの募集期限到来月の翌月10日までに、コンビニまたは銀行でお支払いください。コンビニ払いは350円(税込)、銀行振込は振込手数料をお客様にご負担いただきます。口座振替は、支払手数料は発生いたしません。
引渡時期
募集期限までに目標金額が集まった場合に当プロジェクトは成立し、プロジェクトオーナーは集まった資金を元手に特典(商品・サービス)を支援者に提供する義務を負います。特典(商品・サービス)の引渡時期は、特典(商品・サービス)欄の記載の通りです。
返品・キャンセルについて
お申込みをキャンセルする場合には、申込期限の2営業日前の日の午後6時までに、その旨をきびだんご事務局( info@kibidango.com )までメールでご連絡ください。ただし、キャンセルのお申し出があった時点において、当該商品またはサービスにつき目標数量以上のお申込みの意思表示がされており、かつ、当該キャンセルを認めると目標数量を下回ることとなる場合はキャンセルすることはできません。(詳細はユーザー規約をご覧ください。)

コメント

プロジェクトの種

Project Seed !

まだプロジェクトの詳細が固まっていない企画中の「種」をご紹介。「フォローする」を押して最新情報を受け取りましょう!

コメント欄から、プロジェクトへの応援メッセージやご意見などをお寄せ下さい。

プロフィール

  • DESKX事務局


  • DESKXは、香港に拠点を置く3人のデザイナーのチームです。私たちはデザインへの愛、宇宙への憧れ、自分たちを机に結びつける仕事への興味、という三つの共通した価値観を持っていました。自らのデザインスキルと興味を結びつける卓上インテリアを作ろうと思い立ちました。 そして机の上に再現された太陽系「DeskSpace」や、キログラムプロトタイプ「DeskTech」が誕生しました。 ※DESKX事務局は、きびだんご株式会社のチーム「きびたん」が運営しています。
  • DESKX事務局さんへ意見や質問を送る

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?