手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

多良木町の特産品、色が変わる球磨焼酎「TARAGIブルー」を作りたい!

多良木ブルー

プロジェクトの「種」

このページでは、まだプロジェクトの詳細が固まっていない
企画中の「種」プロジェクトを紹介しています。

熊本県最南端にある多良木町。山々に囲まれたこの町は約700年もの間、隠れ里として人知れず独自の食文化を育んできました。 この地で500年間受け継がれてきた「球磨焼酎」造り。 そしてフラワーハーブ「バタフライピー」を組み合わせた「TARAGIブルー」を開発したい! 【特徴】 ①飲み手自らが鮮やかな青色に染める工程を楽しめる。 ②レモンなどの酸を加えると紫色に変わる。 ③球磨焼酎ならではの芳醇な味わいを楽しめる。 多良木の新たな特産品開発を応援して頂ける方は、ぜひフォローして進捗をお待ち下さい!

長根 汐理(ナガネ シオリ)

プロジェクトオーナーに質問したい!プロジェクトにコメントしたい!という方は
左のボタンからコメントを、プロジェクトの進捗が知りたい!という方は
右のボタンからプロジェクトのフォローをお願いします!

初めまして!

初めまして、長根汐理(ナガネ シオリ)です。日本の田舎やその地域独特の文化が好きで、日本各地を訪ね歩いています。長い歴史の中、その土地に住む人々によって培われた文化はどれも個性的で面白く、そんな地域の魅力を「ものづくり」や「体験」を通して伝える活動をしています。 今回は、縁があって訪れた熊本県多良木町で、町の伝統産業である「球磨焼酎」を知りました。球磨焼酎は米から作られる焼酎なので、芳醇な米の香りとすっきりとした飲み口が特徴的な美味しい焼酎。しかも、実は芋焼酎よりも歴史が深く、日本最古の焼酎と言われているんです。 ▼全国各地での活動や体験を紹介していますので、フォローよろしくお願い致します♪▼

球磨焼酎を使った多良木町の新しい特産品「TARAGIブルー」を一緒に作りませんか?

皆さん、熊本県多良木町をご存知ですか? 多良木町は熊本県の南部にある人口約9,000人ほどの小さな町で、鹿児島県と宮崎県に面しています。多良木町は地名のとおり、九州の良質な木々に囲まれた山深い土地です。その地形を活かし約700年もの間、相良藩の「隠れ里」として存在することで、他藩からの侵略を受けることなく地域独特の文化や産業を築き上げてきました。
日本でも珍しい歴史的背景や食文化をもつ多良木町ですが、町の魅力を知る人はまだまだごくわずか。 そんな多良木町に新しい特産品を生みだし、その商品と一緒に町の魅力を発信したい!そんな想いから、500年の歴史をもつ地域の伝統産業である米焼酎「球磨焼酎」と、多良木町で農薬不使用で培されているハーブ「バタフラピー」を組み合わせた米焼酎ベースのリキュール「TARAGIブルー」を開発します! 「TARAGIブルー」は色の変化を皆さんに楽しんでもらうため「球磨焼酎」と、乾燥させた「バタフライピー」をセットでお届けします。セットでお届けする乾燥バタフライピーは6〜7房分。これをご自身で焼酎のボトルに入れて頂くと、無色透明でお手元に届く球磨焼酎が一晩で鮮やかな青色に染まります。バタフライピーの色素が染み出る濃度によって変わる、淡い青色から深みのある濃い青色への変化をぜひ楽しんでください。 また、バタフライピーを漬けることによる焼酎の香り・味の変化は全くありませんので、風味豊かな球磨焼酎本来の味わいを楽しんで頂けます。 ※ページ内で使用しているラベルデザイン、ボトル形状は開発段階のイメージとなります。

九州といえば芋焼酎...じゃない!実は芋よりも歴史が深い秘境の銘酒「球磨焼酎」

九州といえば芋焼酎が有名ですが、もともと飲まれていたのは米の焼酎(球磨焼酎)であることを知っていますか?芋焼酎は米焼酎が広まった後、琉球から薩摩に芋が渡ってから造られるようになったそうです。 人吉・球磨地域は山深い土地柄、あまり人目に触れられるような地域ではありませんでした。ところが、稀に訪れる旅人に「球磨焼酎」を振舞っていたところ、あまりの美味しさに「秘境の銘酒」として全国に「球磨焼酎」の名が広がっていったそうです。

「球磨焼酎」は日本最古の焼酎(かもしれないことが)「落書き」から判明した?

日本最古の「焼酎」という文字が残る郡山八幡神社(鹿児島県伊佐市)
日本で焼酎が飲まれはじめた時期に関する正確な記録は残ってないのですが、多良木がある人吉・球磨地方では、約500年前には焼酎が飲まれていたと言われています。当時、人吉・球磨地域を統括していた相良藩主は東南アジアや大陸と積極的に交易を行なっていて、その時に持ち込まれた蒸留技術を活かして焼酎造りが始まったそうです。 実は、「焼酎」という文字が確認できる日本最古の記録は、宮大工が神主の愚痴を書いた「落書き」なんだとか。その落書きが相良藩内の地域で見つかったことから、戦国時代にはすでに焼酎が庶民にも愛飲されていたと言われています。

「球磨焼酎」は世界の銘酒と肩を並べる産地名を冠するお酒

シャンパーニュ地方の「シャンパン」、ボルドー地方の「ボルドーワイン」。生産地の名前が許されたお酒は日本で数少なく、「球磨焼酎」はその中の一つです。生産地をお酒のブランド名にするには、特定の生産地で一定の品質基準を満たしていないと許可されません。 球磨焼酎についても、人吉・球磨エリアでこの地域の水を使って、蒸留されたお酒のみが「球磨焼酎」というブランドを冠することを認められます。

色が変わる不思議なハーブ「バタフライピー」とは?

バタフライピーは東南アジアに生息するマメ科の植物。原産国はタイで、現地では「美容効果があるハーブ」として親しまれているそうです。 バタフライピーの花は青色の天然色素を持っているので、透明な液体につけると液体が鮮やかな青色に染まります。さらに、この花にはもっと面白い特性があるんです!

酸性の液体を加えると「青色→紫色」に色が変わる

バタフライピーに多く含まれているアントシアニンはアルカリ性だと青色、酸性だと紫色になるんです。なので、バタフライピーを漬けて青くなった水にレモン水などの酸性の液体を垂らすと、たちまち透明度の高い鮮やかな青色から紫色に変わります。 また、バタフライピーは無味無臭。マメ科なので、たくさん漬け込むとほのかに豆の風味がする時もあるそうですが、基本的には味も香りもありません。焼酎につけても、焼酎本来の風味を楽しめます。

目の疲労回復やアンチエイジングなど、嬉しい効果も期待できる!?

バタフライピーに含まれている「アントシアニン」は、ブルーベリーの成分と同じもの。なので、目の疲労回復や抗酸化作用(アンチエイジング)が期待できるそうです。実際にタイでは、美容のハーブティーとして飲まれてたり、アーユルヴェーダ医療に使われたりしているのだとか。最近では日本でも話題になりつつある植物です。

「 TARAGIブルー」の生産者をご紹介します!

全国1位に輝いた経歴も!伝統的な製造方法にこだわった「球磨焼酎」をつくる那須さん

今回、「TARAGIブルー」の球磨焼酎を提供してくれるのは、大正6年からずっと多良木で球磨焼酎の蒸留を続けている「那須酒造場」です。 那須酒造場では、もろ蓋による麹づくりやカメ仕込みといった、伝統的な作り方にこだわって球磨焼酎を生産しています。ご家族で運営されている小さな蔵ですが、酒造りに向き合う姿勢にはいつも真摯さと熱意を感じます。 伝統的な作り方を守りつつ、少しずつ改良を重ねながら実現した本格球磨焼酎「球磨の泉」は、2013年春季全国酒類コンクールで本格焼酎部門第1位に輝いた逸品です。
那須酒造が蒸留する球磨焼酎は、伝統的な米焼酎ならではの甘さ・まろやかさに加えて個性ある独特の風味を楽しめる「常圧蒸留」したものと、フルーティーな香りと吟醸感あふれる味わいを楽しめる「減圧蒸留」したものがあります。 今回の「TARAGIブルー」は、スッキリと飲みやすく多くの方にも受け入れられやすい「減圧蒸留」で製造しますが、今後の反響によっては伝統的な米焼酎の味わいを楽しめる「常圧蒸留」も展開する予定です。

農薬不使用のバタフライピーを栽培する山並さん

「TARAGIブルー」の多良木産バタフライピーを生産する山並さんは、生まれも育ちも球磨郡。会社勤めされてた時は、世界各国を飛び回っていたビジネスマンだったそうです。退職されてからは奥様と一緒に多良木に戻り、農業や農家民泊を中心とした生活を送っています。 山並さんのバタフライピーは、農薬を使わない栽培方法にこだわっています。もともとは友人からもらった苗をご夫婦で楽しむために栽培していたのですが、今回の「TARAGIブルー」のために提供してくださることになりました。

「TARAGIブルー」という名前の由来

雲海に包まれる多良木町。澄み渡った空の色がとても綺麗です。
多良木町には11月〜3月の間、雲海を見ることができるんです。澄み渡った空の下に広がる、ダイナミックな雲海は壮観。息をのむほど美しく、時間が経つことを忘れるほど見入ってしまいます。 ちなみにこの雲海スポットですが、多良木駅から車で15分ほどのところにある公園から見ることができるんです。しかも、特別な登山装備などは必要なく、駐車場から2〜3分ほど歩くとたどり着けるほどの身近さ。ぜひ、一度訪れて欲しいスポットです!
夕暮れ時の多良木の空と長時間バタフライピーを漬け込んだ「TARAGIブルー」
「TARAGIブルー」は、バタフライピーを焼酎に漬ける時間が長ければ長いほど、より深みのある青色に変わっていきます。それはまるで、多良木町で夕暮れ時に見ることができる空のように幻想的な色合い。 このように「TARAGIブルー」は様々な表情をもつ多良木の美しい空色をイメージして名付けました。

長い歴史の間、人知れず静かに独自の文化を育んできた多良木町

国指定の重要文化財「木造阿弥陀如来及び両脇侍立像」
多良木町は熊本県の南、鹿児島県と宮崎県と接する人吉・球磨地域にあります。面積の約80%は山林という山々に囲まれた地域なのですが、旧石器時代から縄文・弥生時代、室町・戦国時代、江戸時代、そして現代と各時代の遺跡や建物、文化が残っている珍しい町なんです。決して大きくない町ですが、町中には数多くの文化財が現存されています。

徳川400年に負けてない!多良木は約700年も藩主が変わらなかった!

人里離れた地域なのに各時代の文化がたくさん残っているのは、多良木町の歴史背景が関係しています。多良木町は、鎌倉時代から明治維新までの約700年ずっと相良藩によって治められてきた隠れ里でした。 藩主の相良氏は、社寺や仏像、神楽などの文化を大切にしながら、海外などの新しい文化は積極的に取り入れていくスタイル。数多くの文化財や伝統文化が残っているのは、そんな相良藩の気質が脈々と受け継がれてきたからかもしれません。
また、多良木の地形にも理由があります。多良木は山々に囲まれた地形を活かして、相良藩の隠れ里として存在してきました。 豊かな自然や作物だけではなく、長い歴史の中で守られてきた風土や文化もある。司馬遼太郎は多良木のことを「日本でもっとも豊かな隠れ里」と記していますが、まさに、人知れず静かに独自の文化を築き守ってきた町なのです。

多良木のものを使ってできた「TARAGIブルー」

「TARAGIブルー」はバタフライピーも、焼酎も焼酎の原材料である米も水も、多良木町とその近隣エリアで作られたお酒です。多良木町に新しい特産品を作り皆様にお届けすることで、多くの人に多良木町の歴史や文化、世界の銘酒と並ぶ「球磨焼酎」のことを知っていただきたいと思っています!

色の変化を楽しんでください!「TARAGIブルー」の作り方

今回は、皆さんに色の変化を楽しんでもらうために、バタフライピーを漬けていない状態でお届けします。「TARAGIブルー」の作り方はいたって簡単です。焼酎の入ったビンにバタフライピーを入れるだけ。バタフライピーの染み出る濃度によって変わる、淡い青色から深みのある濃い青色への変化を楽しんでください。 飲むときは青色のまま飲んでもいいですし、レモン汁を垂らすと紫色への変化を楽しめます。焼酎+炭酸水+レモンで、紫色のレモンサワーを楽しめますよ!

多良木町の伝統産業を活かした新しい特産品を一緒に作りませんか?

多良木は、長い歴史の中で培われた風土と豊かな自然が育む地域独特の文化が残る町です。多良木の伝統産業「球磨焼酎」と「バタフライピー」を使って、多良木の魅力を伝える新しい特産品を一緒に作りませんか?これから開発に向けて活動していきますので、応援して頂ける方は、ぜひフォローをお願いします!

コメント

プロジェクトの種

Project Seed !

まだプロジェクトの詳細が固まっていない企画中の「種」をご紹介。「フォローする」を押して最新情報を受け取りましょう!

コメント欄から、プロジェクトへの応援メッセージやご意見などをお寄せ下さい。

プロフィール

  • 長根 汐理(ナガネ シオリ)


  • 長根汐理(ナガネシオリ)です!青森県八戸市で生まれ、進学を機に東京へ移住。地元を離れてから地元の良さに気づく、という経験から、日本の各地にあるその土地ならではの産業や文化に興味を持ち、時間を見つけては旅に出かけています。 旅をしていて思うこと、それは「日本は魅力あふれる地域だらけ」ということ。どんな地域でもそれぞれに魅力あふれる「文化や風土」「美味しい食材やお酒」があり、その地で「文化」や「産業」を守る人たちがいます。 しかし、「労働人口の減少」や「産業の後継者不足」などその土地の魅力を維持することすら大変な地域があることも現状です。 そこで、「その土地の魅力を多くの人に知ってもらい「地域」と「ひと」の縁を繋げたい」という想いから、「地域の魅力を届ける」プロジェクトを企画しています。 このプロジェクトでは、各地域の魅力あふれる特産品を多くの人の手にとってもらう、あるいは実際にその土地を訪れ楽しんでもらうキッカケを作ることで、「地域」と「ひと」の縁を繋げ、各地の地域産業を盛り上げていくことを目標としています!
  • 長根 汐理(ナガネ シオリ)さんへ意見や質問を送る

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?