手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

私たちが「クルーザー」と呼ぶ新しいコンセプトのE-BIKEを作り上げたい。

スタイルバイク E-クルーザー

プロジェクトの「種」

このページでは、まだプロジェクトの詳細が固まっていない
企画中の「種」プロジェクトを紹介しています。

ただ移動のツールではなく、他人と競うためのツールでもない、自らのライフスタイルを自由に表現するための「スタイルバイク」を、一般自転車(ママチャリ)やスポーツバイクと差別化すべく私たちは「クルーザー」と呼んでいます。 そして新たなコンセプトとしてクルーザーに、モーターによるアシストユニット(E-ユニット)を搭載した「E-クルーザー」の開発をスタートしました。 「E-クルーザー」常設の試乗場所をつくり、みなさまに楽しんでいただきたいと思っています。 是非フォローして最新情報をお待ちください!

SCARABIKE

プロジェクトオーナーに質問したい!プロジェクトにコメントしたい!という方は
左のボタンからコメントを、プロジェクトの進捗が知りたい!という方は
右のボタンからプロジェクトのフォローをお願いします!

new account(ニューアカウント)とは、デザイナーとサポーターがひとつになってデザインやアートを共創する共同作業場=アカウントをコンセプトに、クラウドファンディングをプラットフォームとする今までにない全く新しい形のモノづくりの手法です。 クリエイトする楽しみと感動を与え、これからの社会に新たなる創造価値を提供していきます。

SCARABIKEとTOYOframe

SCARABIKEで代表をしている小池です。 株式会社スカラバイクと東洋フレーム株式会社 もう10年の長いお付き合いをしています。 スカラバイクの自転車は東洋フレームの技術無しでは考えることはできませんでした。 そして何より、大切な友人です。 その東洋フレームが、新しいコンセプトのE-BIKEを作り上げるということで、 今回のプロジェクトとして協力して推進することになりました。 まずは作り手(東洋フレーム)の尾崎さんから、以下、解説してもらいたいと思います。

E-BIKEの普及と可能性

東洋フレームの尾崎です。 長らく日本国内では一般自転車(ママチャリ)のE-BIKE市場が成長を続けていましたが、ここ数年海外の大手スポーツ自転車メーカーを中心にスポーツタイプE-BIKEの展開が増えてきており、ますます活況を帯びています。 また自転車の機能面では、バッテリーの大容量化によって一回の充電での走行可能距離は劇的に伸び、また電源を利用してスマートフォンとの連携システムを作動させることで専用アプリを利用できるようになったため、これまでの自転車の機能を大きく拡張することとなりました。 現在すでにその機能を活かしてシェアバイクやレジャー産業にも活用されていますが、これからも自転車の役割を大きく変化させる可能性を持っています。

現状のE-BIKEに感じる疑問

ただE-BIKEが普及していく中で、どうしても既存カテゴリの自転車にモーターを取り付けた だけ なモノづくりに疑問を感じるようになっていました。 そもそも重量とパワーのあるモーターユニットを受け止めるのに従来の自転車のフレーム構造が適当なのか? 出回っているほとんどのE-BIKEがフレームのBB部分にモーターを下から取り付ける(吊るす)構造を取っている中で、よりスマートにモーターを納めるフレームは作れないだろうか? そう思案していく中で、かつてのモーターサイクルにヒントを求めました。 駆動部をフレームの内部に納める クレイドル構造 により、駆動部が発生するパワーをフレーム全体で受け止めることができ、より効率的に推進力に変えることが出来るのではないか。そう考えてプロトタイプの制作に着手しました。
1920' HARLEY DAVIDSON & INDIAN MOTORCYCLE

プロトタイプフレーム制作

フレームを設計する上でまず基準となるのはモーターユニット。 使用するのはSHIMANO製のSTEPSというユニットです。ヨーロッパや北米での販売を経て2018年より日本での販売が開始されました。 東洋フレームはSTEPSの国内販売以前からそれを使った試作車を作った経験があり、設計をする上ですでに多くのノウハウを持っていました。 E-BIKEのフレーム設計には、取付に必要な寸法公差はもちろん、電気系ケーブルの取り回しや、モーターユニットを美しく納めるため必要となるスペース確保など、通常のフレーム設計より多くの課題をクリアする必要があります。
SHIMANO STEPS E8000
そんな針の穴に糸を通すかの如くタイトに設計されたフレームを実現するのが東洋フレームの設計者と職人です。 従来の自転車の構造とは異なったフレームを作るためには、作る方法も慣れたルーティンから外へ踏み出す必要があります。 未開の地に踏み込んだとき、自分たちを支えるのは経験から培った知恵と想像力。 応力を知る、構造を知る、素材を知る。自転車に限らず様々な素材の構造体を製作してきた技術とアイデアによってプロトタイプのフレームが生まれました。 上下ともに細いパイプ2本で構成されたフレームは路面からの縦の衝撃を柔らかく受け止めるとともに、ネジれ方向には高い剛性を発揮し、コーナリング時に狙ったラインをトレースしてくれます。
E-クルーザープロトタイプフレーム

パーツアッセンブル

自転車はフレームとパーツの集合体。フレームを活かすのはパーツであり、逆もまた然り。 想像力を働かせながら、フレームに組み付ける全てのパーツをセレクトしていきます。 そして実際に組み付けた車体をテストすることで想像と現実とのギャップを埋めていきます。 特に自転車の挙動に大きく影響するハンドル、ステム、フロントフォークのセレクトは試行錯誤を繰り返しました。 ハンドルの高さ・幅・形状、ステムの長さ・高さ、フロントフォークの剛性と、複雑に絡み合う条件の中から最適解を導き出すために求められたのは、高次元でバランスされた作り手の理論と感覚。 ジャンル問わず数多の自転車を設計し、作り、テストしてきた東洋フレームゆえに可能なバランスがこのプロトタイプを完成させました。
E-クルーザー プロトタイプ完成車
ホットロッドに代表される北米のモーターカルチャーを想起させるフレーム形状は、パワフルなモーターユニットをスマートに納めるだけでなく、そのパワーを受け止め、ロスなく推進力に変える設計となっています。 そして考え抜かれた操作性は乗り手に最大限の自由を与えてくれるでしょう。 そんなまさしくフリーダムマシーンをより多くの人に感じてほしいと思っています。

E-クルーザーの常設試乗場所の設置

TOYOframeとSCARABIKEが協力し、いつでも好きな時に体感して頂くための「場所」を作りたいのです。 例えるならばスキーを楽しむためのスキー場を作りたいといったところでしょうか。 東京、大阪、長野、この3か所に候補地があります。 それぞれの候補地に特性があり、多様な楽しみ方を提供できると思っています。 それを運営するための設備を整えたいと考えています。 私たちの、新しい体験を創造する「場所」作りに興味を持ってくださった方は、是非フォローして最新情報をお待ちください。

■特定商取引法に基づく表記

事業者
株式会社スカラバイク
運営責任者
小池洋成
住所
東京都武蔵野市中町1-21-8-208
連絡先
0422500551
E mail
toiawase@scarab11.com
ホームページ
http://scarab11.com/
特典(商品・サービス)の価格
送料・税を含みます。詳細は特典ごとの記載の通り。
申し込み期限
プロジェクトページ上部に目標金額と併記記載の通り。
支払方法・支払時期
①クレジットカード決済(JCB)・楽天ペイ
・当プロジェクトにて提供する特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で与信が行われますが、プロジェクトの募集期限までに目標金額に満たない場合にはプロジェクトは不成立となり、お客様へのご請求は発生致しません。募集期限までに目標金額に達し、取引成立となった場合にのみ、募集期限の 到来をもって決済が行われます。
・クレジットカード決済及び楽天ペイ及びYahoo!ウォレット及びLINE Payの場合、各クレジットカード会社等の定める日に引き落としが行われます。
・デビットカードやプリペイド式クレジットカードのご利用はお勧めしておりません。デビットカードを利用された場合は、特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で引き落としが行われますので、ご注意ください。プロジェクトが不成立となった場合には後日、提携金融機関を通じて返金が行われます。また、プリペイド式クレジットカードについては、与信と支払の実行について、通常のクレジットカードとは異なるタイミングで行われることがありますので、各カード会社のガイドラインにてご確認ください。
引渡時期
募集期限までに目標金額が集まった場合に当プロジェクトは成立し、プロジェクトオーナーは集まった資金を元手に特典(商品・サービス)を支援者に提供する義務を負います。特典(商品・サービス)の引渡時期は、特典(商品・サービス)欄の記載の通りです。
返品・キャンセルについて
お申込みをキャンセルする場合には、申込期限の2営業日前の日の午後6時までに、その旨をきびだんご事務局( info@kibidango.com )までメールでご連絡ください。ただし、キャンセルのお申し出があった時点において、当該商品またはサービスにつき目標数量以上のお申込みの意思表示がされており、かつ、当該キャンセルを認めると目標数量を下回ることとなる場合はキャンセルすることはできません。(詳細はユーザー規約をご覧ください。)

コメント

プロジェクトの種

Project Seed !

まだプロジェクトの詳細が固まっていない企画中の「種」をご紹介。「フォローする」を押して最新情報を受け取りましょう!

コメント欄から、プロジェクトへの応援メッセージやご意見などをお寄せ下さい。

プロフィール

  • SCARABIKE


  • 株式会社スカラバイク 「ずっと乗っていたい」 誰しも、お気に入りの持ち物があると思います。それは、使うことが楽しくて見ていると嬉しくなる宝物。 洋服、靴、ネックレス、腕時計、小さい時からずっと一緒のボロボロになったクマの人形。 自転車は、移動手段の道具としてだけではなく、宝物のひとつになる道具だと考えています。 毎日乗る人も、たまの人も、楽しんで使って頂く。 歩くより少し速いスピードで、いつもより少し高い目線で、一緒に街をまわる愛車は、幸福な時間を乗せる宝物です。
  • SCARABIKEさんへ意見や質問を送る

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?