ソフトウェア開発で困っている全てのチームのために開発支援ツールDev-1をリリースしたい!

Dev-1開発
ソフトウェア開発プロジェクトは失敗しやすいものです。原因は工数見積もりの甘さ等いろいろありますが、それらの根元には、人間の作業範囲が広すぎることがあるのではないでしょうか。「IT土方」という言葉がありますが、プロジェクトに入ればSEは過酷な労働を余儀なくされます。私は、少しでもSEを楽にさせたいという想いでツール開発を志しました。 本プロジェクトによりソフトウェア開発支援ツール「Dev-1」の開発を行います。ご支援いただいた皆様からご意見を聴き、使い勝手が良く継続して使っていただけるものにします。

■背景

 コンピュータのソフトウェア開発は、要件定義、設計、製造、テスト、運用支援という段階(工程)を踏みます。これらに加え、プロジェクト管理も必要となります。各段階においても作業項目は多岐に渡り、一つの失敗が後工程に大きな影響を及ぼすこともあります。そのため、例えば製造業におけるロボットのように、機械に任せられる作業は任せてしまうことも品質・生産性確保には重要です。
 私は会社を辞めてフリーとしてもシステムの受託開発を行ってきましたが、一向に進化しない自分達の開発環境に失望していました。開発者は、顧客のシステム導入には熱心ですが自分達の開発用システムやツール導入には相対的に関心が薄かったように思います。そこで、自分で使いやすく生産性・品質を向上できるツールを作ろうと思い立ちました。会社員のままでは、この発想に至りませんでした。


プロジェクトで生産性・品質が出せず悩んでいるリーダ(イメージ)

■プロジェクト内容


 私は、ソフトウェア開発者として長年活動してきました。その経験や知見を活かし、ソフトウェア開発業務に役立つツールのプロトタイプを開発しました。本プロジェクトでは、これを見直して機能追加修正を行い、ツール「Dev-1」として完成させます。当該プロトタイプは現在、テスト段階における故障管理支援機能を実現しています。この支援できる範囲を拡げ、人間には人間にしかできない業務に集中させることで品質・生産性向上を狙います。


顧客に謝りの電話を入れる技術営業(イメージ)

■対象利用者


 コンピュータソフトウェアを開発する事業者を対象とします。複数人での開発プロジェクトを想定しており、個人や日曜プログラマには不向きです。


協力会社から受け取ったプログラムが動かず困っているアーキテクト(イメージ)

■セールスポイント・新しい点


 故障管理をワークフローシステム(業務の流れをシステム化したもの)で行えます。自分の対処すべき故障がすぐわかる仕組みとなっています。ソフト開発における故障管理は、今までは紙で印刷して担当者間で回していました。これだと紙を大量消費し、紛失することもありました。Dev-1では電子的な情報のやり取りになり、紙を削減でき、紛失することもなくなります。

 インターネット時代であっても、セキュリティを考慮した開発環境は基幹LANから隔離され孤立していることが多いです。ネットワークでつながっていない拠点間で故障情報を共有するには、相手から送ってもらった情報を手でマージする必要があります。Dev-1では、ファイルをインポートするだけでマージOKです。

 メニューに情報更新日時が表示されるので、作業の即時性が高まります。故障情報はいつでもCSV形式でファイル出力でき、Excelなどで一覧表にしたり分析できます。

 既存のツールは、ソフトウェアのどれかの開発段階に特化したものがほとんどです(今のプロトタイプもテスト段階に特化しています)。それだと、その開発段階が過ぎてしまったら、そのツールはそのプロジェクトでは使われなくなってしまいます。そうではなく、各段階全てを支援するツールにすることで、いつも使われるものにする予定です。

■チケット駆動型ツール(バグ管理システム)との違い


 チケット駆動型ツールを使った開発は、簡略化すれば (1)リリース計画策定 (2)タスク分割 (3)タスク実施状況確認 (4)次のイテレーション計画 のように行います。どちらかといえば、アジャイル型開発に向いています。必ずしもバグだけを管理対象とはせず、タスクを実施したかどうかに着目します。実施状況に比べ、チケット内容の精査は相対的に行われづらい傾向にあります。

 Dev-1を使った開発は、簡略化すれば (1)テスト計画策定 (2)テスト実施 (3)故障の調査、改修 (4)品質分析と対策の横展開 (5)テスト完了判断 のように行います。ウォーターフォール型開発に向いています。バグだけを管理対象とし、故障処理票内容を精査し対応することでシステムの品質向上を狙います。

■動作環境

 a. OS
 ・Windows 8/8.1
 ・Windows 7

 b. .NET Framework
 ・v4.0以上

 c. PostgreSQL
 ・Version 9.4.1

 d. 未確認の環境
 ・Windows Vista またはそれ以前
 ・Windows Server シリーズ
 ・仮想マシン、仮想アプリ類 (Hyper-V, VMWare, XenApp, ...)

■プロジェクトオーナー


 株式会社ツヴァイハンダー・ジャパンの半田洋丈です。

今回Dev-1プロジェクトを開催でき、喜んでキーボードを奏でている半田(本人)

■時期

 プロジェクト実施期間:4月頭から50日間
 機能拡張)
  詳細設計:5月中旬
  製造、テスト:5月下旬~6月中旬 ※機能数や作業を担当する協力会社の都合により前後します
  動作検証:6月下旬
  マニュアル修正:6月末
  ★リリース:7月上旬を目標とします!

■プロトタイプについて

 Dev-1がどのようなものが実際に試して頂くため、現時点のプロトタイプをダウンロードいただけます。

こちらからダウンロードしてください▷株式会社ツヴァイハンダー・ジャパン

まずは試使用からどうぞ。マニュアルもPDF形式で入っています。

 機能概要
 ・ユーザを登録するユーザマスタメンテナンス
 ・各種コードを修正するコードマスタメンテナンス
 ・機能種類を登録する機能一覧入力
 ・プログラム種類を登録するプログラム一覧入力
 ・故障内容、処置内容を登録する故障処理票入力
 ・起票、調査、処置、検証、完了を回すワークフローシステム
 ・故障データをファイル出力したりファイルから取り込む機能

 -- 故障処理票入力 --


 -- 調査時、処置時に資料添付が可能 --


 -- 故障データのファイル出力/入力 --


-- ワークフローシステム --

1. 起票


2. 調査


3. 処置


4. 検証~完了


■ライセンスについて


 使用ユーザ数を「u」、使用月数を「m」と表現します。「5u1m」が基本単位となり、基本単位は3,000円です。使用ユーザ数は5人単位となり、使用月数は1か月単位となります。

(使用ユーザ数÷5)×使用月数×3,000 がライセンス費用となります。

例) 5u2mも10u1mも同じ6,000円となります。


■開発予定

 ご支援いただいた金額に応じて、以下の機能を実装します。

[10万円以上]
 ・故障処理票入力で、提出した故障処理票を取り戻す機能
 ・機能一覧入力、プログラム一覧入力でCSVデータをアップロードして登録する機能

[20万円以上]
 ・ソースヘッダや日付・時刻など、所定の文言をVisual Studioのソース中に埋め込む機能(Visual Studio拡張)
 ・タスクスケジューラにタスクを登録するためのスクリプトの生成機能

[30万円以上]
 ・テスト項目入力および故障処理票入力との連携機能

[40万円以上]
 週報作成機能やソースレビュー機能等、実現したい機能がまだたくさんあります。あらためて支援者の皆様に相談させていただきます。


テストが計画通り実行でき驚き喜ぶリーダ(イメージ)


顧客に進捗挽回と品質向上を報告する技術営業(イメージ)

■特定商取引法に基づく表記

事業者
株式会社ツヴァイハンダー・ジャパン
運営責任者
半田 洋丈
住所
〒940-0861 新潟県長岡市川崎町762-8
連絡先
tel : 080-5679-1929080-5679-1929 fax : 0258-34-5664
handa[at]zweihander.jp
※[at]を@に変えてください。
ホームページ
http://zweihander.jp/
支払時期
当プロジェクトにて提供する特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で与信が行われますが、プロジェクトの募集期限までに目標金額に満たない場合にはプロジェクトは不成立となり、お客様へのご請求は発生致しません。決済は募集期限までに目標金額に達し、取引成立となる場合にのみ実行されます
引渡時期
募集期限までに目標金額が集まった場合に当プロジェクトは成立し、プロジェクトオーナーは集まった資金を元手に特典(商品・サービス)を支援者に提供する義務を負います。特典(商品・サービス)の引渡時期は、特典(商品・サービス)欄の記載に準じます
支払方法
クレジットカード決済(Visa/Master)
楽天ID決済
PayPal決済(プロジェクト達成後に利用可能です)
返品・キャンセルについて
目標金額に達成したプロジェクトに関する特典(商品・サービス)の返品・キャンセルは一切受け付けておりません

コメント

集まった金額

  • ¥105,000
0 %

目標は ¥100,000 に設定されています。

プロジェクトは 2015/05/19 に達成し、2015/05/23に募集を終了しました。

プロフィール

  • 株式会社ツヴァイハンダー・ジャパン 半田洋丈


  • こんにちは。株式会社ツヴァイハンダー・ジャパンの代表取締役、半田洋丈です。 当社はコンピュータシステムの受託開発、コンピュータ関連機器設定、アプリ開発を主業務としています。今回開発しますソフトウェア開発支援ツール「Dev-1」を今後は主力商品として育てていきたいです。当社およびDev-1については、こちら。 http://zweihander.jp/ Facebookにもおります。よろしくお願いいたします。 [略歴] ・1980年代初め頃からパソコンを趣味としていました。 ・1984年 高校入学祝いとしてNECの初代PC-8801を買ってもらいました。 ・1987年 情報系の大学に入学。当時流行のニューロコンピュータを研究しました。 ・1991年 メーカ系ソフトハウス入社。基本ソフト開発業務に従事。 ・2001年 メーカ系販社に転職。Webサイトをテストするツールの技術サポートを担当。 ・2003年 独立系ソフトハウスに転職。業務システム開発に従事。 ・2012年 退職しフリーになりました。 ・2014年 Dev-1の構想に着手。 ・2015年 会社設立。 以上
  • 株式会社ツヴァイハンダー・ジャパン 半田洋丈さんへ意見や質問を送る

特典としての商品・サービス

頑張れ!半田ステッカー【送料・消費税込み】

¥ 500

受付終了

ソフトウェア開発とは全く無縁だけれども、半田にエールを送りたい! という人並み外れた優しき心を持つアナタ向けにご用意した自信の一品です。 ※7月中のお届け予定となります。

サポーター数 9 

半T【送料・消費税込み】

¥ 3,000

受付終了

ソフトウェア開発とは全く無縁だとしても、(時々)心は半田と共にありたい。 という規格外の感性を持つアナタ向けにご用意した自慢の逸品です。 ※7月中のお届け予定となります。

サポーター数 3 

ライセンス5u1m

¥ 3,000

受付終了

使用ユーザ数:5 使用月数:1

サポーター数 2 

ライセンス10u1m

¥ 6,000

受付終了

使用ユーザ数:10 使用月数:1

サポーター数 0 

ライセンス5u2m

¥ 6,000

受付終了

使用ユーザ数:5 使用月数:2

サポーター数 1 

ライセンス15u1m

¥ 9,000

受付終了

使用ユーザ数:15 使用月数:1

サポーター数 0 

ライセンス5u3m

¥ 9,000

受付終了

使用ユーザ数:5 使用月数:3

サポーター数 0 

ライセンス20u1m

¥ 12,000

受付終了

使用ユーザ数:20 使用月数:1

サポーター数 0 

ライセンス10u2m

¥ 12,000

受付終了

使用ユーザ数:10 使用月数:2

サポーター数 0 

ライセンス5u4m

¥ 12,000

受付終了

使用ユーザ数:5 使用月数:4

サポーター数 0 

ライセンス25u2m

¥ 30,000

受付終了

使用ユーザ数:25 使用月数:2 ※ユーザ数と月数の組み合わせはご指示ください。(5u10m等もOK)

サポーター数 0 

ライセンス25u4m

¥ 60,000

受付終了

使用ユーザ数:25 使用月数:4 ※ユーザ数と月数の組み合わせはご指示ください。(5u20m等もOK)

サポーター数 1 

ライセンス50u3m

¥ 90,000

受付終了

使用ユーザ数:50 使用月数:3 ※ユーザ数と月数の組み合わせはご指示ください。(5u30m等もOK)

サポーター数 0 

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?