新潟のおばあちゃんの料理を「レシピ遺産」としてコロナに負けずに出版したい!

2020-06-08 17:00:00 活動報告一覧に戻る

撮影秘話②

制作元の【株式会社バーツプロダクション】様から制作時の撮影秘話を聞かせて頂きました(^^) ひとつの食材であっという間に何品も作ってしまうユキさん。それに付いて信田氏をはじめカメラマンが追いかけるように取材をしていました。驚いたのはスピンオフで突然予定にない調理を織り交ぜ気がつくと一品増えているとか。 撮影のあとはいつも大皿におかずを並べて山菜料理を堪能しながらユキさんの料理に纏わる話を聞きます。 結局ごはんも炊いて豪華な郷土料理会になります。 田んぼの風が吹き渡る平左衛門カフェの気持ちいいダイニングを使わせてもらえたのは幸運です。 ユキさんの温かい人柄が伝わってきますね! 料理だけではなく人の温もり、優しさがたくさん詰まっているレシピ本なんだと改めて感じる事ができます。

活動報告一覧に戻る

集まった金額

  • ¥695,000

このプロジェクトは達成せずに
2020/06/22 に終了しました

プロフィール

  • 島田直樹


  • 1987年新潟県生まれ。 様々な飲食に携わる仕事をしてきて今は地元上越市でフリーランスの料理人をしています。 そんな中著者で料理人の『信田紘基』さんに出会う。 地元の人達のため、生産者のために飲食を通して行っている活動にとても感銘を受けました。 この書籍を通して大好きな地元上越市の素晴らしさ、魅力を発信していきたいと思います。
  • 島田直樹さんへ意見や質問を送る

特典としての商品・サービス

・書籍「レシピ遺産〜新潟県上越地域に伝わる山のごちそう」 一冊 [送料・税込み]

¥ 5,000

受付終了

・書籍「レシピ遺産〜新潟県上越地域に伝わる山のごちそう」 1冊 【詳細】 この本は、上越市の中山間地域にある再生古民家を舞台にして撮影しています。自然と隣合わせの暮らしに根付く水の循環には、山菜などを各家庭で楽しめる知恵があり、山の幸を使ってつくる郷土料理は「二十四節気」に合わせた文化があります。近年誰もが作り方に迷う今後再現は難しくなるおばあちゃんの味。これをテーマに春夏編として刊行するものです。 立春のふきのとうから始まる二十四節気と料理をわかり易く解説しています。 レシピサイトには絶対にない、ニッポンの素晴らしい文化を味わい深く楽しめる一冊に仕上がっています。 【お届け時期】 2020年7月中にお届けいたします。

サポーター数 20 

・書籍「レシピ遺産〜新潟県上越地域に伝わる山のごちそう」 一冊、地元農家のコシヒカリ一等米 3kg [送料・税込み]

¥ 15,000

受付終了

・書籍「レシピ遺産〜新潟県上越地域に伝わる山のごちそう」 1冊 ・地元農家さんのコシヒカリ一等米 3kg 【詳細】 《米について》 私が暮らす上越市自慢のコシヒカリをそれぞれ精米仕立てで袋詰し発送します。山からの雪解け水に海からの爽やかな風が育む頸城平野で、若い農家が切磋琢磨してつくる一等米を是非お楽しみください。 【お届け時期】 2020年7月中にお届けいたします。

サポーター数 3 

書籍「レシピ遺産〜新潟県上越地域に伝わる山のごちそう」 一冊、地元農家のコシヒカリ一等米3kg、地元味噌と梅干し [送料・税込み]

¥ 25,000

受付終了

・書籍「レシピ遺産〜新潟県上越地域に伝わる山のごちそう」 1冊 ・地元農家さんのコシヒカリ一等米 3kg ・越後雪ん子味噌 800g ・糀屋 梅干し  300g 【詳細】 《味噌について》 発酵の町としても古い歴史をもつ新潟県上越市。山本味噌醸造場は手造り味噌屋としても老舗で1916年(大正5)創業。2016年で100周年になる歴史ある味噌蔵元。人気商品の「雪ん子味噌」は、上越の地域継承品としても認定されており、上越伝統の「浮き糀(こうじ)味噌」で、地元でもファンが多いことで有名な味噌である。 旬の食材を引き立てるまろやかな香りと味が特徴です。 《梅干しについて》 レシピ本にも出てくるこの梅干しは、撮影場所に使わせて頂いた再生古民家カフェを管理運営するNPO法人が現地で商品化したもの。 地元産梅と紫蘇、天然塩だけを使った余計なものを添加しない完全無添加梅干しで昔ながらの味わいです。 【お届け時期】 2020年7月中にお届けいたします。

サポーター数 15 

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?