電子工作好きのためのラズパイPico W拡張基板+マルチエアーセンサ―ボード

2023-11-14 22:40:23 活動報告一覧に戻る

サンプルプログラム公開しました

こんばんは、fireflakeのはちまるです。当初の想定よりもだいぶ遅くなってしまいましたが、サンプルプログラムVer0.1を公開しました(ぱちぱちぱち)。
以下のWebページからダウンロード出来ます。
以下はreadmeから、サンプルプログラムの機能の抜粋になります。 ## 機能 1. 様々な空気環境センサーモジュールから、温度、湿度、CO2、気圧のデータを取得します。センサーとの通信はI2CまたはUARTで行います。対応しているセンサーは、対応センサーモジュールの項を見てください。 2. 128x32ドット、0.91インチのOLEDに空気環境センサーモジュールから取得した値を表示します。サンプルプログラムではOLEDに最大4行の表示をさせる事が可能です。OLEDとの通信はI2Cで行います。このOLEDは、SSD1306というコントローラを利用しています。 3. Wi-Fi接続を行う事が出来ます。初期設定ではWI-Fi接続は行わないようになっています。これを変更するにはconf.pyの編集が必要です。 4. Googleスプレッドシートに連携して、空気環境センサーモジュールから取得した値をアップロード出来ます。初期設定ではGoogleスプレッドシートへのデータアップロードは行わないようになっています。これを変更するにはconf.pyの編集と、Googleスプレッドシート側の設定が必要です。 5. センサーモジュールからのデータ取得、Wi-Fi接続、Googleスプレッドシート連携、といった動作の成功/失敗に応じて、マルチエアーセンサーボード上の3つのLEDが適宜点滅します。 6. マルチエアーセンサーボード上のタクトスイッチを押すとOLEDにHello World!と表示されます。 7. 主要な設定をconf.pyにまとめているので、設定編集がシンプルに行えます。初期設定のままでもサンプルプログラムは動作し、マルチエアーセンサーボード上のセンサーからデータを取得し、それをOLEDにリアルタイムで表示する、という一連の動作を繰り返し行います。Wi-Fi接続およびグーグルスプレッドシートへのデータアップロードを行う場合には conf.pyの設定を変更してください。 サンプルプログラムはこういった機能を持っているので、これらがどういうプログラムで動いているのか興味のある方は、実際にサンプルプログラムをダウンロードして読んでみてください。また、今回のサンプルプログラムはVer0.1なので、Ver1.0になるまでまだ色々出てきます。ここからは、 ・マルチエアーセンサーボードに搭載出来る他のセンサー用のサンプルプログラム ・安定稼働のための機構を入れたバージョンのサンプルプログラム ・Googleスプレッドシートへの連携ガイド といったものも随時アップしていく予定です。短いですが、今回はこんなところで。恒例のX/Twitterのリンクを貼っておくので、良かったらフォローお願いします。

活動報告一覧に戻る

集まった金額

  • ¥294,741
0 %

目標は ¥150,000 に設定されています。

プロジェクトは 2023/11/15 に達成し、2023/12/15に募集を終了しました。

プロジェクトのサポート期間は終了しました。引き続きショッピングをお楽しみください。

ショッピングページ

プロフィール

  • fireflake


  • fireflakeは二人のエンジニアのチームです。私たちは、自分自身で作る事、作れる事の可能性を大事にしています。私たちはその可能性を、出来るだけ分かりやすく、そして豊かに、様々な人々に伝えていきたいと考えています。 また私たちは、抽象的で壮大な物語ではなく、人々が生活し労働している、一つ一つの生きた現場や現実を大事にしています。私たちはそのような現場や現実で生きる人々の一助になる、プロダクトとサービスを作っていきたいと考えています。
  • fireflakeさんへ意見や質問を送る

ショッピング

プロジェクトは終了しましたが、このプロジェクトに関連する商品をお買い上げいただくことができます。

空気環境測定システム製作キット(Pico Wなし、センサー類あり)

空気環境測定システム製作キット(Pico Wなし、センサー類あり)

¥ 11,800

きびだんごにログインすると、お買い物カゴボタンが表示されます。

特典としての商品・サービス

【U1】ベースボード生基板 [送料・税込み]

¥ 500

受付終了

電子工作の腕に自信がある方に向けた、ベースボードの生基板単体の商品です。ご自分で各種部品を用意してハンダ付けをすると、ベースボードが出来上がります。 ※写真は開発中のもののため、後で差し替えを予定しています。

お届け・提供予定時期

2023年12月下旬頃

サポーター数 7  | 数量限定あと 3

【K3】ベースボードキット(Pico Wなし、センサー類なし) [送料・税込み]

¥ 3,500

受付終了

ベースボードの持つ機能だけを使って何かを作りたい、あるいは、ドーターボードを自作して、それをベースボードに搭載してオリジナルシステムを作りたい、という方に向けたキットです。 ※写真は開発中のもののため、後で差し替えを予定しています。

お届け・提供予定時期

2023年12月下旬頃

サポーター数 3 

【K2】空気環境測定システム製作キット(Pico Wなし、センサー類なし) [送料・税込み]

¥ 4,600

受付終了

空気環境測定システムを製作するための、センサー類を含まないキットです。「空気環境測定システムを作りたいけれど、センサー類は自分で用意したい」という方に向けたものです。

お届け・提供予定時期

2023年12月下旬頃

サポーター数 6 

【K1】空気環境測定システム製作キット(Pico Wなし、センサー類あり) [送料・税込み]

¥ 8,800

受付終了

空気環境測定システムを製作するための、センサー類を含むキットです。キットを製作してPico Wを搭載する事で、空気環境測定システムが完成します。 ※写真は開発中のもののため、後で差し替えを予定しています。

お届け・提供予定時期

2023年12月下旬頃

サポーター数 4 

【S2】[ハンダ済]空気環境測定システム製作キット(Pico Wなし、センサー類あり) [送料・税込み]

¥ 9,400

受付終了

こちらは【K1】空気環境測定システム製作キットに対して、ハンダ付けを終えた商品です。Pico Wを搭載する事で、空気環境測定システムが完成します。 ※写真は開発中のもののため、後で差し替えを予定しています。

お届け・提供予定時期

2023年12月下旬頃

サポーター数 2 

【S1】[ハンダ済]空気環境測定システム製作キット(Pico Wあり、センサー類あり) [送料・税込み]

¥ 11,600

受付終了

こちらは【K1】空気環境測定システム製作キットに対して、ハンダ付けを終えた商品です。この商品だけあれば、他の部品購入や、Pico Wへのプログラム書き込みをする事なく、すぐに空気環境測定システムを動作させられます。 ※写真は開発中のもののため、後で差し替えを予定しています。

お届け・提供予定時期

2023年12月下旬頃

サポーター数 10 

<追加>【U2】マルチエアーセンサーボード生基板 [送料・税込み]

¥ 500

受付終了

支援いただいた方からご要望をいただき追加しました。 マルチエアーセンサーボードの生基板単体の商品です。 ご自分で各種部品を用意してハンダ付けをすると、マルチエアーセンサーボードが出来上がります。

お届け・提供予定時期

2023年12月下旬頃

サポーター数 2  | 数量限定あと 8

<早割>【K1】空気環境測定システム製作キット(Pico Wなし、センサー類あり) [送料・税込み]

¥ 7,040

受付終了

空気環境測定システムを製作するための、センサー類を含むキットです。キットを製作してPico Wを搭載する事で、空気環境測定システムが完成します。早割限定価格で5セットをお届けします。 ※写真は開発中のもののため、後で差し替えを予定しています。

お届け・提供予定時期

2023年12月下旬頃

サポーター数 5  | 数量限定あと 0

<早割>【S1】[ハンダ済]空気環境測定システム製作キット(Pico Wあり、センサー類あり) [送料・税込み]

¥ 9,280

受付終了

こちらは【K1】空気環境測定システム製作キットに対して、ハンダ付けを終えた商品です。この商品だけあれば、他の部品購入や、Pico Wへのプログラム書き込みをする事なく、すぐに空気環境測定システムを動作させられます。早割限定価格で5セットをお届けします。 ※写真は開発中のもののため、後で差し替えを予定しています。

お届け・提供予定時期

2023年12月下旬頃

サポーター数 5  | 数量限定あと 0

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?