子どもたちが10年後を生き抜くための“創造力”を育む場所『Curio School(キュリオスクール)』をつくりたい!

2015-02-15 11:14:43 活動報告一覧に戻る

学習環境と学習効果

皆様は「教室」という言葉をお聞きになった時に何を思い浮かべるでしょうか。
たとえば机、椅子、黒板などでしょうか。イギリスのソールフォード大学の調査によると、教室の環境が子どもの学力の向上・あるいは減退に対し1年間で平均して25%も影響することが明らかにされています。(Peter Barrett,(2011))
Curio Schoolは2015年4月より千駄ヶ谷にて開校する予定ですが、ここで学ぶ子どもたちがどこにいても自分の意見が言えて、人の意見も聞ける、そしてものづくりまで出来る環境を整え、子どもたちの発想に物理的な制約がかからないような環境の構築を、このプロジェクトを通じて皆様にご支援いただきたいと考えています。

具体的には
・子どもたちが自由に描いては消せるように、壁面をホワイトボードにする。
・子どもたちがスペースを有効に使えるように、折りたたみ式の机を用意する。
主にこの2点に関してご支援をお願いしています。
どのようにしたら効果的にCurio Schoolにきてくれる生徒が学習できるでしょうか。それはいかに生徒がたくさん自分のアイデアを表現できるかだと思います。

Curio Schoolの授業スタイルはプロジェクトベースドラーニング(PBL)と呼ばれる、生徒同士や生徒とファシリテーターが議論や実験を行いながら答えを考え 、実物や経験から学ぶものです。
そのためには、生徒が自分の考えをたくさんアウトプットし、試行錯誤を繰り返す必要があります。それでは、生徒やファシリテーターが積極的な議論を行うために必要なものとはなんでしょうか。私たちは2つあると考えてます。

一つは表現できる”雰囲気”を作ることです。
そのためには例えば教師と生徒の関係が大切です。これはみなさん経験的にお分かりかもしれません。過去の研究では、常に声をかける、仲良くするといったような教師と生徒の親和的関係が生徒の成績を向上させるようなものがあります。(河野義章(1988))また、教師の心情は生徒の心理的状態に影響するとされ、教師が不満、またはストレスを抱えるといったような心理状態は生徒にも伝播するとされています(Melissa A. Milkie 2011)
また勿論ですが生徒間の関係も学習効果に関係しています。Curio School では、生徒間の相互理解や信頼を生み出すためにSELという教育プログラムの導入を検討しています。SEL (Social Emotional Learning)とは、CASEL(Collaborative for Academic, Social and Emotional Learning)という機関によって情報が収集されている、欧米諸国で実践される心理教育プログラムです。実際にこの導入によって生徒同士の人間関係が向上し、態度や行動の変化、情緒的な問題の減少、学力の向上が証明されています。(Durlak,Weissberg,Dymnicki,Taylor,& Schellinger(2011))
 そして2つ目として、表現する手段を多様化することも重要です。
生徒が発言や表現を促すような雰囲気作りだけで十分でしょうか。もう1つあると考えています。それは表現する手段です。ここで、今回のプロジェクトで目的として挙げているホワイトボード、および机が必要となってきます。表現するというのは、発言だけにとどまりません。図や絵をつかったり、実際に立体的にものを作ってみたり、身体を使ったりといったようなものも表現でしょう。生徒にあった表現の手段を与えるために、表現の手段を多くしたいと考えています。加えて、多種多様な表現をすることを促すために机が自由に移動できるようなオープンスペースにすることを考えています。このオープンスペースは子供たちの自主的な活動をサポートするためにいくつかの小学校で導入されています(倉斗綾子, 橋本都子, 上野佳奈子 2011)。先にあげたソールフォード大学の調査の中でも、教室に色が使われているかということや、家具をどのくらい簡単に整理できるかといったスペースの自由度なども学習効果を高めるための、教室デザインの評価になりました。

Curio Schoolで学んでほしいことを生徒が効果的に身に着けるには、生徒が積極的に自分のアイデアを表現することが必要に思っています。そのためには、Curio Schoolの空間にいるみんなの信頼や理解が大事であり、さまざまなものを駆使して自分の考えを表現してほしいと思っています。
そのための環境整備として、まず手始めに壁面ホワイトボードの設置と机の製作を考えています。皆様のご支援、どうぞよろしくお願いします。

活動報告一覧に戻る

集まった金額

  • ¥365,000
0 %

目標は ¥300,000 に設定されています。

プロジェクトは 2015/02/21 に達成し、2015/02/25に募集を終了しました。

プロフィール

  • 西山恵太


  • 京都工芸繊維大学にて製品デザインを専攻し、その後京都大学経営管理大学院に進学。その際にスタンフォード大学ME310プロジェクト(デザイン思考を活用した製品開発プロジェクト)に従事。2011年に株式会社野村総合研究所に経営コンサルタントとして新規事業開発支援や官公庁の政策調査・実行支援プロジェクトに従事しながら、課外活動として、2012年より子ども向けにデザイン思考をベースとしたワークショップを10本以上企画・実施。2014年には広尾学園にて土曜特別講座(「社会を変えるためのアイデアを生み出すデザイン思考講座」)の講師を務める。また2015年度より品川女子学院のデザイン思考講座のカリキュラム策定・ファシリテーターを務める予定。
  • 西山恵太さんへ意見や質問を送る

特典としての商品・サービス

なりきりプロジェクトの年間フリーパスチケット

¥ 5,000

受付終了

その道のプロの人から仕事を学ぶ1日ワークショップ「なりきりプロジェクト」(不定期開催、年間3~6回程実施予定)に無料で年間何回でもご参加いただけるフリーパスチケットです。 ※ご参加いただけるお子様の対象は小学生に限らせていただきます。 ※フリーパスチケットは一枚に対し一名のお子様までご使用いだだけます。 ※ご同伴頂く保護者に関する制限は設けておりません。 その他、ご不明な点はプロジェクトオーナーまでお問い合わせください。

サポーター数 14 

クリエイティブな空間造りをご一緒に!空間製作ワークショップ&創業パーティー・座談会へのご招待

¥ 10,000

受付終了

2/28に行うCURIO SCHOOLについての座談会、教室で使用する机の製作やホワイトボード塗料の塗装などを行うワークショップ、さらに創業パーティー・座談会へご参加いただけます。 半日でこれからの教育に求められる向き合い方と、そのために必要なクリエイティブ空間の製作、また新しい教育に興味を持つ方々との繋がりが可能です。 製作する机には皆様からのメッセージを刻んでいただけます。素敵な学びの場を0からご一緒に創りあげましょう。 【日時】 2015年2月28日(土) (10時〜ご都合のつく時間にお越しください) 【場所】 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-13-3 (JR中央線千駄ヶ谷駅より徒歩6分・東京メトロ大江戸線国立競技場駅より徒歩6分) 【スケジュール】 10時~15時  壁面ホワイトボードペインティング&机製作ワークショップ (お越しになった方から、ご自由に参加できるようお待ちしております) 15時~16時 Curio Schoolの概要・教育についての説明会 16時~ 創業パーティー&座談会 ※チケットのご使用はワークショップへのご参加1名様につき、1枚とさせていただきます。 小学生以下のお子様のご同伴は何名さまでも無料とさせていただきます。

サポーター数 24  | 数量限定あと 6

CURIO SCHOOLの学びをお試しで。先着入学申し込みチケット

¥ 30,000

受付終了

小学生のお子様を、開校後優先的にスクールへご案内します。 CURIO SCHOOLでは知的好奇心や創造性を育む様々な学びをご用意しております。 チケットをご購入いただいた方には、小学生のお子様に4月から6月末までの授業を無料でご体験いただけます。(通常授業料約6万円) チケットのご使用はお子様1名につき、1枚とさせていただきます。 チケットの引き換えは小学生のお子様のみに限らせていただきます。

サポーター数 1 

CURIO SCHOOLスーパーバイザーの認定と報告書の送付 〜新しい学びを提案する一員へ〜

¥ 100,000

受付終了

2/28に行うCURIO SCHOOLについての座談会、教室で使用する机の製作やホワイトボード塗料の塗装などを行うワークショップ、さらに創業パーティーへご参加いただけます。 半日で、これからの教育に求められる向き合い方と、そのために必要なクリエイティブ空間の製作、また新しい教育に興味を持つ方々との繋がりが可能です。 CURIO SCHOOLスーパーバイザーへ認定させていただきます。就任された方には年1回のCurio School方針策定会議へ参加頂けます。 また実際の授業や学びの様子を2016年3月頃を目処に、報告書にまとめてお送りいたします。

サポーター数 0 

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?