手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

【製品化中】あなたのデザインで「注染ゆかた」を作ろう!竹ノ輪浴衣2019

2018-11-05 22:19:00 活動報告一覧に戻る

【サンプル注染ゆかた製作記 #2】サンプルを染める(染工所に潜入) その1(文・しまざきみさこ)

湿らせた型紙が糊付けの台に運ばれ、いよいよ染めの工程開始!
今回サンプルとして染める「丸久げんやだな」の型紙が出来たので、次はいよいよ染めの工程です。 注染で染めることのできる染工所は、関東で探してもわずか数件を残すのみ。 今回のサンプルは、都内にありながら300坪超の敷地で注染を行なっている旭染工さんが染めてくださいました。
社長の阿部清吉さん自ら、注染の工程について熱く詳しく解説いただくこと、約2時間。(お忙しいなか本当にありがとうございます!)
旭染工株式会社 代表取締役 阿部晴吉さん
白生地が染め上がるまでに幾つもの工程がありますが、そのひとつひとつの作業に専門の職人が要るという、じつに人手がかかる注染の世界。
染料を注ぐ「やかん」など、それぞれの工程に見合った道具が並ぶ
しかしどの工程も、どの職人さんも、なんと美しく恰好のいいこと!!
無駄のない道具、動き。職人の現場にほれぼれ
「丸久げんやだな」は、クレア染めといって、あらかじめ布全体を先染めするデザインにしているので、染工所に届いた時点で反物の地色が染まっています。 この反物をお湯に数時間浸し、生地のゆがみをとって染めやすくするところから作業がスタート。 浸して、脱水して、干して、布目をまっすぐに整えながらきれいに巻かれた反物が、型付けする職人さんのところにやってきました。
洗って巻かれた、染める直前の白生地たち

型付け

型付けというのは、生地に防染用の糊を塗る作業です。 糊が塗られた部分は染料が染みないので地の色がのこり、抜けた部分が染められます。 ただし、糊の量を間違えたり、均等でないと、うまく染められずムラにもなる。非常に熟練を要します。
少しの違いが作業の質に影響するので、型台や糊はそれぞれの職人が専用で使い、自分に使いやすいよう、さまざまに工夫されています。
台の高さも職人さんに合わせてある
型付けは、まず型紙を木枠に取り付けるところから始めます。
型紙を鉄鋲で木枠に取り付ける
特注の鉄鋲を使って付けていく様子は、手慣れたもの。あっという間に完了しました。
次に保護用の布を敷き、そこに型紙をはった木枠を倒して糊付けスタート。
3枚ほど作業したら、本番の布にとりかかります。
本番の布を敷きはじめるところ
型台の上にのばした生地に木枠を倒し、その上から糊をつけます。
一定の強さでスーッと一気にヘラを移動させる
この糊、海藻と粘土を混ぜたもので、生地や染料の種類や柄の細かさに応じて硬さを変えるため、ひと柄ごとに調合が必要。
使用する糊。硬さを調整しながら攪拌しながら使います
灰色の糊が生地に塗られていきます
木製のヘラで糊をすくっては台の上を往復させ、均一に伸ばしていきます。
浴衣の場合は、一度の型付けで1疋分(2反分)を行ないます。
白い部分が生地が見えているところが染料で染まる
長い反物を寸分違わず屏風状に折り返しながら重ねる作業は、まさに神業!
2反分に糊を塗り終わるまでの間に何度も何度も折り返す
折り返しの部分の丁寧さが染め上がりに現れる
折返し部分の余分な糊を取り除いて
折り返しの部分の美しさ、神がかってます!!
美しい断面
こうして2反分の型付けが終わりました(続く)

活動報告一覧に戻る

プロジェクトの種

Project Seed !

まだプロジェクトの詳細が固まっていない企画中の「種」をご紹介。「フォローする」を押して最新情報を受け取りましょう!

コメント欄から、プロジェクトへの応援メッセージやご意見などをお寄せ下さい。

プロフィール

  • 竹ノ輪 竹村圭介


  • 竹村圭介(たけむらけいすけ) 2006年より「和に遊ぶ!竹ノ輪」として、歌舞伎観劇会、落語会や日本酒の会などの開催をはじめる。 2007年から2010年までの4年間、クリエイターやアーティストがデザインした柄を伝統的な手染め方法「注染」で浴衣にする 「竹ノ輪浴衣」を企画運営。参加したクリエーターと共に注染の工場を見学。その企画で製作された浴衣を着て8月の歌舞伎座で上演される納涼歌舞伎の観劇会を開催。2011年の東日本大震災をきっかけに同企画を一時中断。 同年より、それまでに得た注染ゆかたの制作ノウハウを生かして江戸型染作家 小倉充子(小倉染色図案工房)のサポートを開始。注染だけではなく、型彫りや型染め、浴衣や着物の仕立てについても知識を得る。 また、2009年より大西新之助商店(滋賀県彦根市・伝統工芸士 大西實)の麻織物ブランド「新之助上布」の展示会設営などのサポートをはじめ、苧麻から繊維を取り出す苧引き(おびき)や織機の取扱い、経糸の準備をする整経(せいけい)も体験している。 現在は、着物の委託販売イベント「キモノ里親さがし」を半蔵門の竹ノ輪ルームや都内各地で開催中。
  • 竹ノ輪 竹村圭介さんへ意見や質問を送る

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?