手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

多良木発!「たぁ坊直送便」で日本一に輝いた貴重な国産原木しいたけを届けたい!

しいたけ「たぁ坊直送便」

プロジェクトの「種」

このページでは、まだプロジェクトの詳細が固まっていない
企画中の「種」プロジェクトを紹介しています。

保存期間が短いため、乾物で出荷されることが多い「しいたけ」。 このプロジェクトでは、熊本県多良木町に住むたぁ坊こと落合龍見さんが作る超肉厚・特大サイズの『生しいたけ』を、新鮮な状態でお届けする「たぁ坊直送便」を作ります! 【たぁ坊しいたけの特徴】  1. 野生のキノコと同じ自然環境の中で育つ「原木栽培」  2. げんこつサイズのしいたけは、肉厚プリプリでアワビのよう  3. 全国規模の品評会で一位に輝いたこともある実力派 日本一にも輝いた、超肉厚な生しいたけを食べてみませんか?

長根 汐理(ナガネ シオリ)

プロジェクトオーナーに質問したい!プロジェクトにコメントしたい!という方は
左のボタンからコメントを、プロジェクトの進捗が知りたい!という方は
右のボタンからプロジェクトのフォローをお願いします!

『しいたけ』というと、どんなイメージがありますか? 鍋に入ってる?焼肉や焼き鳥の付け合わせ?出汁をとる野菜? このプロジェクトの『しいたけ』は、皆さんが普段食べているものとは一味違います。 しかも、全国規模の品評会で1位を獲得したこともあると言う実力派。 そんなしいたけを栽培する農家さんが、熊本県の多良木町というところにいるんです。
初めまして、長根汐理(ナガネシオリ)です! 生まれは青森県八戸市。私自身が地方出身ということもあり地方の「ものづくり」や「食文化」が好きで、今は地方の地域資源や魅力を活かした商品開発のお手伝いをしています。
そもそも、しいたけはしなっとした食感と独特のえぐみが苦手で、好んで食べる野菜ではなかったんです。 ところが!このプロジェクトでご紹介するしいたけを食べた時、これまでのしいたけの概念が180度変わりました。 どんな「しいたけ」なのかというと・・・

【特徴1】とにかく大きくて肉厚!食感はまるでアワビのよう

このプロジェクトで紹介するしいたけは、普段見かけるしいたけとは比べ物にならないくらいの大きさ。 大きいものだと、大人のげんこつサイズはあるのではないでしょうか? ぎゅっと詰まった肉厚なカサは、まるでアワビのようなプリプリの歯ごたえを楽しめます。

【特徴2】芳醇な香りと旨味たっぷりのジューシーな肉汁!

肉厚しいたけは、そのぶん水分も豊富なため、噛むほどに旨味たっぷりの肉汁がジュワ〜っとあふれ出します。 また、香ばしい香りも特徴的!鼻から抜ける芳醇な香りは、旨味をより一層引き立ててくれます。 日頃食べているものと比較すると、香りも味わいも格別ですよ!

【特徴3】数少ない国産の原木栽培しいたけで日本一に輝いたこともある実力派

芳醇な香りと味わいが生まれるのは、厳しい自然環境の中で森の栄養をたっぷり吸収して育つから。 この栽培方法を「原木栽培」というのですが、日本では全体の約10%ほどしか生産されていません。 しかも、このプロジェクトのしいたけは、全国規模の品評会で1位に輝いたこともある逸品なんです。
このようにとても希少な国産の原木しいたけですが、保存期間が短くほとんどが乾燥加工されてしまうため、生しいたけの風味を楽しめる機会はごくわずか。 原木栽培ならではの芳醇な香りと旨味を多くの人に味わって欲しい!そんな想いから、新鮮な生しいたけをお届けするこのプロジェクトを立ち上げました。
今回お届けするのは、熊本県多良木(たらぎ)町の山間部、槻木(つきぎ)地区で落合龍見さんが原木栽培で育てた「しいたけ」です。 落合さんは多良木町で35年もしいたけを栽培している、しいたけ栽培のスペシャリスト。また、地区内有数の狩猟の技術を持っていることでも有名で、イノシシや鹿をその場で解体処理ができるほどの腕前なんです。 以前イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」で取材されたこともあるので、ぜひ読んでみてください!落合さんの気さくでチャーミングな一面が垣間見えますよ(笑)
落合さんが栽培する「たぁ坊しいたけ」は、大きいものだと直径12cm×厚さ8cm以上。 そんな超肉厚の「たぁ坊しいたけ」は噛み応え抜群!プリプリの食感はアワビのようで、食べると旨味たっぷりの肉汁がジュワ~っと口の中に広がります。 しいたけが好きな人にはなおさらですが、苦手な人にもぜひ一度食べてみてほしい・・・!
男性の手のひらほどのサイズも。かなり肉厚です。
普段は料理の脇役になりがちなしいたけですが、「たぁ坊しいたけ」はその圧倒的な存在感からメインの一品として楽しめます。 調理方法は、グリルして塩を少しだけふりかけるといったシンプルなものから、肉詰めや天ぷらなんかも相性抜群です!ちなみに、落合さんは「バター」+「醤油」が基本なのだとか。
生産者、落合龍見流の基本は、炭火やフライパンで焼いてから最後に醤油とバターです。
天ぷらにすると立ちます。
切ってみると・・・説明の要らない圧倒的肉厚感。
しいたけの肉詰めは、こんなにひき肉を使っても負けないしいたけの存在感。
年に1回、全国各地から選りすぐりのしいたけが出品されて品質を競う「全農乾椎茸品評会」が行われます。 その品評会で各部門の一位に輝いたしいたけに与えられるのが「農林水産大臣賞」。 長年、農林水産大臣賞を目標にしていたという落合さんは、過去に受賞された方々との交流の中で様々な技術を学び、実践してきたそうです。 その努力の甲斐あって2017年に開催された品評会では、全国27県から出品された608点の中「こうしん中葉中肉」という部門で農林水産大臣賞を受賞し、見事、全国一位に輝いたのでした。
落合さんがしいたけを栽培している場所は、町中から40〜50分もかかる山の中。そんな人里離れた山奥で栽培するのには理由があります。
原木栽培の現場。しいたけの良い香りがふわっと漂ってきます。
落合さんのこだわりは、「原木栽培」という育て方。一定の長さに切断した榾木(ほだ木)に直接菌を植え付けて、山の自然環境の中で栽培する方法です。 野生のキノコとほぼ同じ環境で育てるので、天然のものと同じような味わいを楽しめます。
これが原木です。この木にしいたけの菌を植えつけます。
この原木栽培は、手間も時間もかかる大変な栽培方法なんです。 自然のサイクルに合わせて栽培するので、気象条件や害虫などの外部環境に影響されやすく、品質の安定が難しい。 さらに榾木を用意したり、榾木(ほだ木)に菌が定着するまでに数年かかったりと長い年月を必要とします。
榾木(ほだ木)を伐る遠藤さん。写真だと分かりにくいのですが、かなりの急斜面に立っています。
落合さんは原木からご自身で育てていますが、その木は約20年も前に植えたものなのだそうです。 しかも、原木は山の急斜面にあるため、採りに行くのも一苦労。実際に私も行ったことがありますが、山の傾斜が急すぎて何度も滑り落ちました。 危険と隣り合わせな現場で伐った原木ですが、すぐに使わず数年寝かせることで枝を落とします。 そうしてしいたけの菌を植え込んだ後、さらに1年半もの期間をかけて菌糸を原木全体に培養させるそうです。
榾木(ほだ木)を寝かしている現場。風通しが良い環境で日が当たらないようにして数年寝かせます。
このように長い年月を経てしいたけはようやく育ち始めますが、手間と時間がかかる上に栽培が難しいので、日本では生しいたけの総生産量に対して約10%しか栽培されていません。 しかも、保存期間が短いためにほとんどが「乾燥しいたけ」として出荷されてしまいます。 大げさに聞こえるかもしれませんが、原木しいたけ特有の芳醇な香りと素材本来の旨味を味わえる機会はとても稀なんです。
たぁ坊しいたけは通販などでは取り扱っていないので、食べられるのは地元の道の駅と限られた店舗のみ。 それも乾燥しいたけが主流なので、生しいたけには、ほとんど出会う機会がありません。 乾燥しいたけも十分美味しいのですが、どうせなら収穫したての「生しいたけ」を食べてみたくありませんか?
今回、初めて原木しいたけの栽培現場を見せてもらったのですが、決して楽ではないことを身をもって知りました。 相手は自然。どんなに手間をかけても、自然環境が適さなければ育ちません。 また、せっかく育っても台風などの天災や獣害被害で泣く泣く諦めることだってあります。 労働力と生産量が比例しない非効率な育て方ですが、それでも厳しい環境に負けず育ったしいたけの味わいは格別です。
落合さんが栽培するしいたけの旬は12月〜3月。 「たぁ坊直送便」では、一番美味しい時期に落合さんが良いものを見繕ってお届けします。 多良木の森の栄養をたっぷり吸収して育った「しいたけ」本来の風味をご自宅で堪能してください!
プリッとした食感に滑らかな舌触り、噛むとジュワ〜と溢れるしいたけの肉汁。 初めて落合さんが栽培したしいたけを食べた時、自分の中のしいたけの概念がくつがえりました。  今まで体験したことのない味わいに、一瞬で「たぁ坊しいたけ」の虜になったのです。
厳しい環境の中、多良木の森の栄養をたっぷり吸収した「たぁ坊しいたけ」は、芳醇な香りがひときわ。 また、肉厚プリプリなカサには、旨味たっぷりの肉汁が凝縮されています。 希少な国産の原木栽培で日本一にも輝いたこともある「たぁ坊しいたけ」は、なかなかお目にかかれない逸品。 そんな名物が熊本県の山深い多良木町にあることを多くの人に知ってもらうことで、「国産の原木しいたけ」や「多良木町」に興味・関心を持つ人を増やすことが、このプロジェクトの目的の一つでもあります。 ぜひ、皆様の温かいご支援をいただけたら嬉しいです!応援、よろしくお願い致します!

コメント

プロジェクトの種

Project Seed !

まだプロジェクトの詳細が固まっていない企画中の「種」をご紹介。「フォローする」を押して最新情報を受け取りましょう!

コメント欄から、プロジェクトへの応援メッセージやご意見などをお寄せ下さい。

プロフィール

  • 長根 汐理(ナガネ シオリ)


  • 青森県八戸市生まれ。大学進学による上京をきっかけに東京から地方を見た時に、改めて地方に根ざした文化の面白さや魅力に気づきました。その経験が起点となり、現在は地方にある地域資源や魅力を活かした商品を作ることで、その土地の魅力を発信する仕事をしてます。 また「地方」と「一次産業」は密接な関係にあることから、「アグリトラベラー」として全国各地の農家さんのお手伝いしています。一次産業のリアルな現場に身を置くことで、その産業の魅力や課題を身をもって勉強中です。
  • 長根 汐理(ナガネ シオリ)さんへ意見や質問を送る

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?