手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

〜セルビアンナイト〜 食べてセルビアを知ろう!春の味覚篇2017

2017-03-28 17:55:10 活動報告一覧に戻る

岩手の冬を訪ねてきました

みなさまこんにちは。 旅する女将 橋本典子です。 おかげさまで、「セルビアンナイト」プロジェクトも回を重ね8回目。 ただいま参加者募集中です。 今回の活動報告は、先週末に訪れた岩手縦断旅のレポートです。
数えてみたところ、2011年6月以降、45回目の東北行き。 まず自分の家族や身近なひとを大切にしなさい、と教えられたのは東北のひとびとから。 例年3月11日を陸前高田で迎えていましたが、今年は昨年末に亡くなった父のお墓参りをお彼岸に済ませてから来ました。 嵩上げ地に壮大な都市計画が進む陸前高田の街は、まだ砂埃と海風のなか。 市役所前で県北からの友と待ち合わせ、まずはいつもお世話になっている大坂さんのお宅にご挨拶。 そして次の目的地へ。
陸前高田の北に位置する住田町の「まちや世田米駅」は明治30年時代後半の伝統的な町家と土蔵群を改築し、昨年オープンした交流拠点施設。 この日開催されたレストラン「Kerasse」での坂東シェフによる料理教室に参加しました。 広田湾の牡蠣や魚、地元の「ありすポーク」を生かし、農家さんも食材を抱えて参加。 サラダとパスタのおもてなしのあと、シェフによるデモンストレーション。 そして地元のみなさんと班に分かれて実習。
おもてなしの、牡蠣のパスタ
レインボーsushiロール
住田の名産!ありすポークのパレルモ風カツレツ
蔵王マスカルポーネと岩手山葡萄のティラミス
今回習ったのはこちらの5品。 ・レインボーsushiロール ・住田の名産!ありすポークのパレルモ風カツレツ ・大船渡帆立のオランデーズ・グラタン ・恋し浜帆立と寒絞めほうれん草のクリームパスタ ・蔵王マスカルポーネと岩手山葡萄のティラミス 不得手な太巻きを、冷や汗かきながら巻いたあとは、ゆったりくつろぎながらの試食タイム。 シェフとスタッフのみなさんの心づくしのおもてなしを満喫しました。 料理教室後は気仙沼行きを予定していましたが、直前に急きょスケジュールが変更。 その後は女料理人ふたり、気の向くまま足の向くままの気楽旅。
陸前高田奇跡の一本松
一本松近くの八木澤商店の店舗「やぎさわカフェ」へ
急きょ予約した宿は2014年秋にオープンしためちゃめちゃお洒落な「箱根山テラス」。 夕暮れの広田湾は息をのむ美しさ。 陸前高田に来るたびに増える湾内の養殖筏の様子が密かな喜びとなっています。 カフェの利用で来たことはありますが、タイミングを逸し、いつか泊まってみたいなーと憧れていた宿ですが、 そういえば「朝食が自慢」ということは、夕食がつかないんですね。
夕食は「鶴亀鮨」へ。 震災後、陸前高田で再開した唯一の鮨店だそうです。 きょうはウニはないんですか?という私たちの問いに、 あるけれど納得のいくネタではないので出せないという大将。 では、お勧めを一皿握ってくださいとの注文に 「要らぬことかもしれませんが」と、ふたりで食べやすいよう すべてふたつに切ってくれました。 すみずみまでの心からのおもてなしに、ただただ胸が熱くなります。
箱根山テラスの朝もまた絶景。 ていねいにつくられた朝食と、ハンドドリップのコーヒー。 チェックインからチェックアウトまで、ほどよい距離感の接客。 お洒落でさりげない内装、人懐っこい猫。 リラックスしすぎて あっという間にチェックアウトの時間。
陸前高田を発つ前に、「おかし工房 木村屋」さんへ立ち寄り。 仮設店舗の頃からのわたしのオアシス。 瓦礫撤去のあと、ここの窯出しシュークリームを食べるのが楽しみで。 通いすぎて社長と顔なじみ。 この日も「おやっ?どうも(^^」 と、声をかけていただきました。 そして三陸道で釜石へ北上。
釜石ではヤマキイチ商店さんを訪問。 2013年2月に開催した「東北の食材で世界の家庭料理を食べる会」に泳ぐホタテを取り寄せて以来のおつきあい。 個人的には、ここのホタテが日本一美味しいと思っています。
同行した友人もテンションあがりっぱなし。 「でしょ?」と、私もにんまり。 料理人はたまらないこの活き、この大きさ。 「ホタテさん」と、必ず「さん」づけするヤマキイチ商店さん。 美味しさの源は愛なのだと、改めて感じる旅となりました。
旅の終点、盛岡駅
旅のお土産
「セルビアンナイト」は食を通じてセルビアを知ろう!がコンセプト。まだ専門店がないセルビア料理を、音楽や映像とともに五感で味わうディナーです。毎回替わるメニューは伝統的料理で統一。セルビアゆかりのお客様から直に現地の話が聞くことができるかも。 ローマ帝国、オスマントルコの支配を受け、ハプスブルク家に影響されたセルビア共和国。東西文化交差点の味は、現地そのままで日本人にあい、どこか懐かしさが漂います。 メニュー: ○セルビアと岩手のワイン4-5種類のティスティング   (銘柄が決まり次第、活動報告でお知らせいたします)   ○Minestra / 野菜と豆のスープ ○Punjene Paprike / パプリカの肉詰め ○Krompir pire/ マッシュポテト ○Pogača / ポガチャ(守護聖人の日のパン) ○Pita sa višnjama / チェリーパイ ○Coffee / コーヒー ○毎回変わる旅のお土産ポストカード   (招待状として事前に送付いたします) 【限定14名】 会費:6,500円(参加チケット送料・税込) ****************************** お申込み受付は5月14日㈰まで。 この機会にぜひご賞味ください。

活動報告一覧に戻る

集まった金額

  • ¥90,000
0 %

目標は ¥65,000 に設定されています。

プロジェクトは 2017/04/20 に達成し、2017/05/14に募集を終了しました。

プロフィール

  • Serbian Night・橋本典子


  • 旅する女将。 ワインエキスパート。 神奈川県生まれ。英語英文科卒業後、横浜の食品会社に入社。本社経理課で税務や管理会計に携わり、内部監査や会計システムおよびレストランの立ち上げに従事。2006年に日本ソムリエ協会認定「ワインエキスパート」の資格を取得。11年の東日本大震災を機に災害ボランティアに従事。12年からは、東北の食材で世界の家庭料理を食べる会を主催し、15年に退社後、独立し現職。 典子食堂: セルビアなどバルカン半島諸国専門の出張料理。国内の農業や漁業、養蜂場、牧場、ワイナリー等を訪ね、探した食材をテーブルに載せてお客様と生産者、日本と世界の橋渡しをする食堂。
  • Serbian Night・橋本典子さんへ意見や質問を送る

特典としての商品・サービス

セルビアンナイト参加権(セルビア料理&ワインテイスティング) [送料・税込み]

¥ 6,500

受付終了

「セルビアンナイト」は食を通じてセルビアを知ろう!がコンセプト。まだ専門店がないセルビア料理を、音楽や映像とともに五感で味わうディナーです。毎回替わるメニューは伝統的料理で統一。セルビアゆかりのお客様から直に現地の話が聞くことができるかも。ローマ帝国、オスマントルコの支配を受け、ハプスブルク家に影響されたセルビア共和国。東西文化交差点の味は、現地そのままで日本人にあい、どこか懐かしさが漂います。この機会にぜひご賞味ください。 ****************************** 日時:2017年5月21日(日)    19:00~21:00 場所:ごはん×カフェmadei(までい)    東京都台東区浅草7-3-12    テイトビル聖天1F ****************************** メニュー【限定14名】: ○セルビアと岩手のワイン4-5種類テイスティング(銘柄は活動報告でお知らせいたします)   ○Istrian Minestra / イストラ半島の野菜と豆のスープ(クロアチア) ○Punjene Parprike / パプリカの肉詰め ○Krompir pire/ マッシュポテト ○Pogača / ポガチャ(守護聖人の日のパン) ○Pita sa višnjama / チェリーパイ ○Coffee / コーヒー ○毎回変わる旅のお土産ポストカード(招待状として事前に送付いたします) ****************************** 会費:6,500円 (参加チケット送料・税込) ※募集期間終了後のキャンセルは禁止事項とさせていただきます。 返金には応じられませんが、当日おいでいただけない場合参加の権利を他の人に譲渡することが可能です。3日前までにその旨と代理出席される方のお名前をお知らせください。

サポーター数 7  | 数量限定あと 0

セルビアンナイト・ペア参加権(セルビア料理&ワインテイスティング2名様) [送料・税込み]

¥ 12,500

受付終了

カップルやお友達など、セルビアンナイトに2名で参加できる2組限定のお得なペアチケットです。 招待状は代表者様宛に発送いたします。ぜひお誘いあわせてご参加ください。 ****************************** 「セルビアンナイト」は食を通じてセルビアを知ろう!がコンセプト。まだ専門店がないセルビア料理を、音楽や映像とともに五感で味わうディナーです。毎回替わるメニューは伝統的料理で統一。セルビアゆかりのお客様から直に現地の話が聞くことができるかも。ローマ帝国、オスマントルコの支配を受け、ハプスブルク家に影響されたセルビア共和国。東西文化交差点の味は、現地そのままで日本人にあい、どこか懐かしさが漂います。この機会にぜひご賞味ください。 ****************************** 日時:2017年5月21日(日)    19:00~21:00 場所:ごはん×カフェmadei(までい)    東京都台東区浅草7-3-12    テイトビル聖天1F ****************************** メニュー【限定14名】: ○セルビアと岩手のワイン4-5種類テイスティング(銘柄は活動報告でお知らせいたします)   ○Istrian Minestra / イストラ半島の野菜と豆のスープ(クロアチア) ○Punjene Parprike / パプリカの肉詰め ○Krompir pire/ マッシュポテト ○Pogača / ポガチャ(守護聖人の日のパン) ○Pita sa višnjama / チェリーパイ ○Coffee / コーヒー ○毎回変わる旅のお土産ポストカード(招待状として事前に送付いたします) ****************************** 会費:12,500円 (ペア参加チケット送料・税込) ※募集期間終了後のキャンセルは禁止事項とさせていただきます。 返金には応じられませんが、当日おいでいただけない場合参加の権利を他の人に譲渡することが可能です。3日前までにその旨と代理出席される方のお名前をお知らせください。

サポーター数 2  | 数量限定あと 0

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?