手数料10% 成功率80% のクラウドファンディング Kibidango(きびだんご)

〜セルビアンナイト〜 食べてセルビアを知ろう!冬の味覚篇2017

セルビアンナイト・冬の味覚篇2017
みなさまこんにちは、旅する女将 橋本典子です。 「セルビアンナイト」は食を通じてセルビアを知ろう!がコンセプト。まだ専門店がないセルビア料理を、レストランを貸し切って音楽や映像とともに五感で味わうディナーです。セルビアゆかりのお客様から直に現地の話が聞くことができるかも。 毎回替わるメニューは伝統的料理で統一。現地そのままのレシピで日本人の舌にあう、どこか懐かしい味わいを、ぜひご賞味ください。

ごあいさつ

みなさまこんにちは。旅する女将、橋本典子です。 セルビア料理との出会いから早5年。セルビア料理をメインとした出張料理人をしています。 2015年春までは新卒で入社した横浜の食品会社に在籍し、本社の経理として税務や管理会計を行い、工場の監査やレストランの立ち上げにも携わっていました。管理部門から現場への異動希望を出しつつ2006年にワインエキスパートの資格を取得。2012年にプライベートで参加者とともに作りあげる”東北の食材で世界の家庭料理を食べる会”をはじめました。 退職後は”東北の食材で世界の家庭料理を食べる会”の愛称を「典子食堂」を屋号として採用。和服が好きなこと、店舗を持たずスタートすることから「では、旅する女将だね」という友人の言葉をそのまま肩書にしました。 セルビアやクロアチア、スロベニアなど旧ユーゴスラビアの国々で料理を学ぶとともに、国内で農業漁業者、牧場、ワイナリーを訪ね、セルビア料理に適した食材を探す旅をしています。それらの食材を使ったセルビアンナイトの主催、出張料理、出張カフェ、イベント出張が主な業務。”ごはんカフェ”や漁師民宿の手伝で日本料理も研鑽中。バルカン半島のソウルフードであるカイマックや、アイバルの製品化、東京で求められながらも産地から出ることのない食材に光をあて、両者を結びつける事業も計画中です。
日本セルビア映画祭出張(お客様撮影)
東京味わいフェスタin臨海副都心出張・「おいしいクロアチア」ブースでトリュフ入りスクランブルエッグ担当
三浦半島の大仙養蜂園で冬支度見学
クラウドファンディングフェス2017出展

セルビアンナイト・冬の味覚篇2017

おかげさまで2年めを迎えた「セルビアンナイト」は食を通じてセルビアを知ろう!がコンセプト。日本に専門料理店がないセルビア料理を、レストランを貸し切り音楽や映像とともに五感で味わうディナーです。初参加者もリピーターも和気あいあい。セルビアゆかりのお客様から直に現地の話が聞くことができるかも?そんな空気もお楽しみください。 毎回替わるメニューは伝統的料理で統一。アレンジなく現地そのままのレシピで日本人の舌にあう、どこか懐かしい味わいを、この機会にぜひご賞味ください。
****************************** 日時:2017年2月19日(日)19:00~21:00 場所:ごはん×カフェmadei(までい)    東京都台東区浅草7-3-12 テイトビル聖天1F
****************************** メニュー: ○ワイン     ・Estelle & Cyrille BONGIRAUD “Poema” 2010 (白・セルビア)      ・Estelle & Cyrille BONGIRAUD “Obecanje(obetchanïé)"2009(赤・セルビア)     ・Misna Vina “Prvostolnik”(白・クロアチア)     ・Quercus “Cabernet Sauvignon”(赤・スロベニア) ○Zelena salata / セルビア風グリーンサラダ ○Bakalar na brodet / タラのブロデット(クロアチア) ○Paprika sa sirom / パプリカのチーズ詰め(セルビア) ○Pogača / ポガチャ(パン) ○Potica / クルミ入りスイートロールブレッド(スロベニア) ○コーヒー ○旅のお土産ポストカード(招待状として事前に送付いたします) ****************************** 会費:6,500円(参加チケット送料・税込) ※募集期間終了後のキャンセルは禁止事項とさせていただきます。 返金には応じられませんが、当日おいでいただけない場合参加の権利を他の人に譲渡することが可能です。3日前までにその旨と代理出席される方のお名前をお知らせください。
・Estelle & Cyrille BONGIRAUD “Poema” 2010 (白・セルビア)・Estelle & Cyrille BONGIRAUD “Obecanje(obetchanïé)"2009(赤・セルビア) ・Misna Vina “Prvostolnik”(白・クロアチア)・Quercus “Cabernet Sauvignon”(赤・スロベニア)
○Zelena salata / セルビア風グリーンサラダ
○Bakalar na brodet / タラのブロデット(クロアチア)
○Paprika sa sirom / パプリカのチーズ詰め(セルビア)
○Pogača / ポガチャ(パン)
○Potica / クルミ入りスイートロールブレッド(スロベニア)
○旅のお土産ポストカード・前回のもの(招待状として事前送付)

セルビアについて

セルビアという国について、みなさんどんなイメージを持たれているでしょうか。スペインの都市セビリアと混同される場合も多く、近年ではテニスプレイヤーのジョコビッチの母国として、また球技がさかんな国として、戦地になることが多い地域、あるいは美男美女が多い国という知識がほとんどでしょうか。 セルビア共和国は南東ヨーロッパのバルカン半島に位置し、東西をむすぶ交通の要所である国土の面積は北海道とほぼ同じ約8万8000㎢。首都ベオグラードは、北緯44°にある欧州最古の町のひとつです。宗教はセルビア正教(キリスト教)で、通貨はディナール。EUには未加盟。古来より東洋と西洋の交差点として人々が往来し、東西ローマ帝国、オスマントルコ、オーストリアハプスブルク家の占領と影響をうけています。 日本との交流は古く、明治15年(1882)のセルビア初代国王ミラン1世オブレノヴィッチ王と明治天皇が親書を交わしてからのお付き合い。柔道や剣道などの日本の武道の人気も高く親日家が多いということです。意外なところでは蚊取り線香の原料、除虫菊はセルビア原産というご縁も。食やデザインにはトルコの影響も感じられ、スパイスの使い方は中国やインドへの近さも感じました。
2015年の旅では、コソボ紛争時の支援に対する厚い感謝から「日本人は私たちが辛いときに、いつも力になってくれる」と、いたるところで歓迎を受けました。幾度も戦火を潜り抜けた国にとり、遠国からの援助は想像以上に心に深く刻まれているようです。修道院やレストラン、教室や一般家庭で料理のワークショップでも、何はともあれラキアで歓迎。そして「お茶っこ」でのおもてなし。帰り際には「あれも持って行け、これも持って行け」とたくさんの手土産を持たせる人情の厚さ。日本の下町や田舎とも通じるものを感じます。 2016年は1991年までセルビアと同一国だったクロアチア、スロベニアへ。内戦を経て独立した国を歩き旧ユーゴスラビアの複雑な歴史を感じるとともに、国境というものは、そのときどきの政情で人間が隔てるかりそめのものなのだと肌で感じる旅でした。

セルビアンナイト・食べてセルビアを知ろう!旅の報告会2016 報告

2016年12月4日に、浅草のごはん×カフェmadei(までい)で5回目となる「~セルビアンナイト~食べてセルビアを知ろう!旅の報告会2016」を開催。 参加者は「リピーター4名を含む半数が現地への渡航経験や料理教室などでセルビア料理を召し上がったことがあるお客様。半数は初参加で、ひとり参加の方も多くいらっしゃいました。ウェルカムドリンクはバルカンスタイルのラキアという蒸留酒、アルコール度数27.5%。クロアチアで購入したハチミツが主原料のものですが、現地では40~60%のものが珍しくありません。旅の行く先々でのラキア攻めが続くと辛いものですが、一気に初対面の壁がくずれ、うちとける効果を感じました。 全員が揃ったところでスパークリングワインで乾杯。この回からはじめたワインテイスティングも好評で、なごやかな会となりました。
クロアチア、スロベニアのワイン6種テイスティング
○ワインリスト   クロアチア    ・Kabola Winery ”Re Brut"(スパークリング)    ・Misna Vina "Prvostolnik"(白)    ・Vina Prodan "Medica (Mead)" 27.5% (ハチミツラキア・蒸留酒)   スロベニア    ・KlenArt premium Istrian wines "Pinot Noir"(赤)    ・Quercus "Cabernet Sauvignon"(赤)
○クロアチアのチーズ盛り合わせ(ヤギ&トリフチーズ、灰色牛のチーズ)、イチジクのワイン煮、手摘みメルローのレーズン ○Čorba od karfiola / カリフラワーのチョルバ ○Šopska salata / ショプスカサラダ ○Pasulj prebranac sa kobasicama/ソーセジ入りベイクドビーンズ ○Pogača / ポガチャ ○Kaymak / セルビアのカイマック ○Kremsnita / クレームシュニテ

これまでの実績

おわりに

これからも現地に足を運んで生産者を訪ね、自分の目で見て選んだ食材を中心にセルビアンナイトは続きます。 今後ともよろしくお願いいたします。 みなさんのご支援をお待ちしております。 旅する女将 橋本典子

■特定商取引法に基づく表記

事業者
典子食堂
運営責任者
橋本 典子
住所
ご請求いただけましたら速やかにメールにてお知らせいたします
連絡先
メールにてお知らせいたします
E mail
ladybug.noriko@gmail.com
特典(商品・サービス)の価格
送料・税を含みます。詳細は特典ごとの記載の通り。
申し込み期限
プロジェクトページ上部に目標金額と併記記載の通り。
支払方法・支払時期
①クレジットカード決済(Visa/Master)・楽天ペイ・LINE Pay・コンビニ/銀行ATMでの支払い(Paidy決済)
・当プロジェクトにて提供する特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で与信が行われますが、プロジェクトの募集期限までに目標金額に満たない場合にはプロジェクトは不成立となり、お客様へのご請求は発生致しません。募集期限までに目標金額に達し、取引成立となった場合にのみ、募集期限の 到来をもって決済が行われます。
・クレジットカード決済及び楽天ペイ及びYahoo!ウォレット及びLINE Payの場合、各クレジットカード会社等の定める日に引き落としが行われます。
・デビットカードやプリペイド式クレジットカードのご利用はお勧めしておりません。デビットカードを利用された場合は、特典(商品・サービス)にお申し込みいただいた時点で引き落としが行われますので、ご注意ください。プロジェクトが不成立となった場合には後日、提携金融機関を通じて返金が行われます。また、プリペイド式クレジットカードについては、与信と支払の実行について、通常のクレジットカードとは異なるタイミングで行われることがありますので、各カード会社のガイドラインにてご確認ください。
②PayPal決済
募集期限よりも前に当プロジェクトの目標金額が達成された場合(すなわち、当プロジェクトが成立することが明らかとなった場合)は、その時点以降 お申し込みいただく方に限り、上記①のお支払方法に加えて②PayPal決済によるお支払いを選択することができます。②Paypal決済をご利用いただいた場合は、お申込みの時点で決済が行われます。引落日は、Paypalを運営するPayPal Pte. Ltd.の定めるところによります。
引渡時期
募集期限までに目標金額が集まった場合に当プロジェクトは成立し、プロジェクトオーナーは集まった資金を元手に特典(商品・サービス)を支援者に提供する義務を負います。特典(商品・サービス)の引渡時期は、特典(商品・サービス)欄の記載の通りです。
返品・キャンセルについて
お申込みをキャンセルする場合には、申込期限の2営業日前の日の午後6時までに、その旨をきびだんご事務局( info@kibidango.com )までメールでご連絡ください。ただし、キャンセルのお申し出があった時点において、当該商品またはサービスにつき目標数量以上のお申込みの意思表示がされており、かつ、当該キャンセルを認めると目標数量を下回ることとなる場合はキャンセルすることはできません。(詳細はユーザー規約をご覧ください。)

コメント

これまでに集まった金額

  • ¥91,000
0 %

目標は ¥65,000 に設定されています。

プロジェクトは 2017/02/11 に達成し、2017/02/13に募集を終了しました。

プロフィール

  • 旅する女将 橋本典子


  • 旅する女将。 ワインエキスパート。 横浜の食品会社を2015年7月に退職し料理家として独立。日本在住の各国の料理家に「お袋の味」「おばあちゃんのレシピ」を学ぶ。2011年よりはじめた災害ボランティア活動で東北の食の豊かさにふれ、参加者ともにつくりあげる”東北の食材で世界の家庭料理を食べる会”をはじめる。 典子食堂: 生産者を訪ねて選んだ食材が主役の旅する食堂。『セルビアンナイト』など世界の家庭料理ワイン会開催。イベント出張、料理写真撮影、メニュー・レシピ翻訳(英和・和英)も承ります。
  • 旅する女将 橋本典子さんへ意見や質問を送る

特典としての商品・サービス

セルビアンナイト参加権(セルビア料理&ワインテイスティング) [送料・税込み]

¥ 6,500

受付終了

おかげさまで2年めを迎えた「セルビアンナイト」は食を通じてセルビアを知ろう!がコンセプト。日本に専門料理店がないセルビア料理を、レストランを貸し切り音楽や映像とともに五感で味わうディナーです。初参加者もリピーターも和気あいあい。セルビアゆかりのお客様から直に現地の話が聞くことができるかも?そんな空気もお楽しみください。 毎回替わるメニューは伝統的料理で統一。アレンジなく現地そのままのレシピで日本人の舌にあう、どこか懐かしい味わいを、この機会にぜひご賞味ください。 ****************************** 日時:2017年2月19日(日)    19:00~21:00 場所:ごはん×カフェmadei(までい)    東京都台東区浅草7-3-12    テイトビル聖天1F ****************************** メニュー: ○セルビア、クロアチア、スロベニアのワイン4~5種テイスティング ○Zelena salata / セルビア風グリーンサラダ ○Bakalar na brodet / タラのブロデット(クロアチア) ○Paprika sa sirom / パプリカのチーズ詰め(セルビア) ○Pogača / ポガチャ(パン) ○Potica / クルミ入りスイートロールブレッド(スロベニア) ○コーヒー ○旅のお土産ポストカード (招待状として事前に送付いたします) ****************************** 会費:6,500円 (参加チケット送料・税込) ※募集期間終了後のキャンセルは禁止事項とさせていただきます。 返金には応じられませんが、当日おいでいただけない場合参加の権利を他の人に譲渡することが可能です。3日前までにその旨と代理出席される方のお名前をお知らせください。

現在のサポーター人数10

数量限定 あと 4

thumbnail

\このプロジェクトが気に入ったら/

いいね!するとどうなるの?